霧島の人が霧島のいいところを褒めて教えてくれるキリシマイスタ

「キリシマイスター制度」第1弾

鹿児島県霧島市は、9月15日、シティプロモーション事業の一環として「キリシマイスター制度」をスタートすると発表した。

「キリシマイスター制度」は、霧島市のいいところを市民みんなで見つけて「マイスター」に認定するプロジェクト。第1弾として、オール霧島体制で撮影・制作したシティPR動画『キリシマイスター THE MOVIE』を公開している。

「いいところをきちんと褒めていこう」

近年、インターネット上で誹謗中傷やSNSの炎上が頻発している。そんな殺伐とした世の中だからこそ、「まずは身近な人やモノからいいところをきちんと褒めていこう」と霧島市は発案。「褒め合うまち」をコンセプトとする「キリシマイスター制度」を開始したという。

第1弾として制作された『キリシマイスター THE MOVIE』は、「キリシマイスター制度」のスタートを宣言するPR動画。特産品「霧島茶」の茶畑や「黒酢」の壺畑、焼酎蔵、温泉地などで、市民が互いを褒め合う内容となっている。

市外への拡散の前に

『キリシマイスター THE MOVIE』は、あえて「拡散市内(しない)」ことも意識して制作されたいう。

近年、様々な地方自治体が外部への情報拡散を目的とするPR動画を配信しているが、霧島市は市外への拡散の前にまず自分たちの住んでいる場所・人・モノをもう一度よく知り褒め合うことが重要と判断。「拡散市内(しない)」内容に仕上げたとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

褒め合うまちへ キリシマイスター - 霧島市

http://www.kirishimeister.com/

プロジェクト第1弾、あえて拡散市内(しない)PR動画 『キリシマイスター THE MOVIE』 - 共同通信PRワイヤー

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP