「マリンワールド海の中道」改装のため10/3より半年間休館へ

来年4月にリニューアルオープン

福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」は、10月3日から改装工事のため、休館となった。

「マリンワールド海の中道」改装のため10/3より半年間休館へ

同館は1989年にオープンし、施設の老朽化や展示内容の見直しのため、大規模な改修工事を行う。改修後は、九州近海の生物に焦点をあてるため、冷たい海に生息する生物は他の水族館へ引っ越しをする。

今回の改修で泳ぐ魚を下から見ることが出来るトンネル水槽や、吹き抜け水槽などがなくなる。

休館前イベント盛況

休館前最終営業日の10月2日は、約4000人が来館し、昨年同時期の2倍を超えた。

国内飼育記録日本一を更新中のコビレゴンドウの「ユキ」による特別ショー「ユキちゃん劇場Part3~休館中も元気にがんばるけん~」を開催。また、20年に及んだショーを締めくくるアシカの「チーちゃん」の引退舞台を楽しんだ。

閉館時には同館スタッフとケープペンギンが来館者を見送った。

同館公式サイトは、改装工事とともにリニューアル中であるが、公式Facebookでは休館中の様子を更新するとしている。

外部リンク

マリンワールド海の中道 Facebook

https://www.facebook.com/MarineWorld.uminonakamichi/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP