湯布院?由布院?由布院の人気観光スポット8選

「湯布院」と「由布院」のどちらが正しいのか

大分の湯布院には「湯布院」と「由布院」が混在しています。昭和30年に由布院町と湯平町が合併し、「湯布院」という地名ができましたが、このどちらも正しい地名であり、間違いではありません。最近では地元に住む人たちも明確に分けて呼ぶことは少なくなりつつあり、「ゆふいん」とかな表記するところも増えてきています。その町の名前のように、ゆったりとした時間が流れる湯布院の人気観光スポットを紹介します。

1.金鱗湖

湖底から温泉が湧いており、冬時期には湖面から霧が立ち上る様子が見られます。湯布院のシンボル的なスポット。

由布院駅から徒歩25分、車は10分。紅葉の名所でもあり、金鱗湖を一周すれば天祖神社や岳本公園、下ん湯(公共浴場)が自然と共に楽しめる。一周は歩いて20分程度。

由布院温泉観光協会

由布院

2.由布岳

豊後富士とも呼ばれる由布院のシンボル的存在。標高1584mの山ではさまざまな花が見られることから花の名山としても知られています。

由布院駅からバスで登山口まで15分。由布院に点在する宿や温泉からも由布岳の勇壮な姿を見ることができます。登山は中級者向け、所要時間は3時間半ぐらいから4時間ほど。

大分県観光情報公式サイト

3.由布院駅

由布院の入口であり、礼拝堂をイメージした黒い外観と丸い屋根が印象的な建物。駅ホームには足湯があり、入場券を購入すれば誰でも利用可能。一緒にタオルと絵葉書がもらえるので、ホームから電車や周辺の自然を楽しみながら過ごせます。着替えスペースもあります。構内にある観光案内所で辻馬車(1月から2月は運休)やスカーボロ(観光タクシー)の予約が可能です。

由布院観光協会

由布院の観光

4.湯の坪街道

由布院駅から金鱗湖までを結ぶ街道。約800mの道沿いには土産物屋や飲食店が軒を並べる。江戸時代にタイムスリップしたかのような景観で、金鱗湖までは徒歩で30分ほど。食事や土産物を見るだけでも2時間程度は過ぎてしまいます。店の閉店時間は早く17時か18時頃なので、他にも散策を楽しむなら注意してください。

ゆふいん観光

5.宇奈岐女神社

古くから地元の信仰を集める神社。杉の木が自生する境内では、平成3年の台風で倒れた神木が奉られています。拝殿や本殿の周りには池があり、豊かな水があちこちに見られます。由布駅から徒歩15分ほど。

大分県観光情報公式サイト

6.湯布院フローラルヴィレッジ

由布院駅から金鱗湖までの川上町一帯は由布院の観光や宿が集中していますが、そのなかでも注目のエリアがフローラルヴィレッジ。世界で一番美しい街といわれるイギリスのコッツウォルズ地方が再現された街で、湯布院の観光スポットとして注目を浴びています。コッツウォルズは映画「ハリーポッター」の撮影地としても知られ、街ではさまざまなショップ、レストランの他ミニ動物園や湯布院らしく足湯もあります。

湯布院フローラルヴィレッジ

7.由布院ステンドグラス美術館

由布院には多くの美術館があることでも有名ですが、なかでも特に人気が高いのがステンドグラス美術館。実際に体験ができるだけでなく、貴重なステンドグラス作品を間近で見ることもできます。ショップでの購入も可能です。

入館料大人(高校生以上)  1,000円 (税込) 子供(小中学生)    500円 (税込)

開館時間AM 9:00 ~ PM 6:00(入館はPM 5:30まで)尚、聖ロバート教会で挙式のある場合は見学時間が限られます。

由布院ステンドグラス美術館

8.岩下コレクション

オーナー自らが収集した約10万点のコレクションが集められた博物館。ヴィンテージバイクや車、昭和の大衆文化財などの他、イギリスやアメリカのアンティーク家具など貴重なものが多くあります。レトロな喫茶コーナーもおすすめ。普通車30台や大型バス5台が駐車可能な駐車場があるので、車でのアクセスも可能。

開館時間 9:00~17:00休館日 年中無休入館料 大人  600円(500円)中高生 400円(300円)小学生 100円(50円)( )内は10名様以上の団体料金

岩下コレクション

由布院の別世界を楽しむ

九州は異国と日本が同居する観光地が多くありますが、湯布院もその一つ。旅行の際には温泉だけでなくぜひこれらのスポットも回ってみてはいかがでしょうか。

九州旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP