×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!~半日トレッキング編~

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

1993年に世界自然遺産に登録された、自然が多く残る屋久島。パワースポットとして有名で、行かれる多くの方々がトレッキング目当てで屋久島にやって来ます。

有名なアニメ映画の舞台のモデルになったり、自然のエネルギーをチャージする目的か多数の芸能人もお忍びで訪れます。いっぱい歩くのでしょう?体力に自信がないから出来るかな?

そう思われている方もご安心を!もちろん無理は禁物ですが、普段から運動をしない20代女子がトレッキングを初体験して来ました!持ち物・服装・体験レポート、とご覧頂きたいポイントを3つにまとめました。

屋久島旅行やトレッキングに興味がある方も、体力に自信がなくて自分にも出来るのかな?と心配されていらっしゃる方にも、トレッキングの体験記をお伝え致します!

1.屋久島のトレッキングの種類

はじめに、屋久島のトレッキングでどのようなコースがあるのか紹介させて頂きます。所要時間が1日や半日のものまで、様々なコースがあります。主なコースを記載しましたので、ぜひ参考になさってください!

1-1.縄文杉トレッキング

屋久島のシンボルである縄文杉へ向かうコースです。

ハート型の空洞を頭上から見られるウィルソン株も有名で、写真映えするので女性にも人気!片道11kmの工程で、島随一の渓流と森に包まれての道程です。屋久島へ行ったら、一度は挑戦してみたいコースです。
※ツアーの主催会社によっては、小学校高学年以上のお申込み受付となります。

開催時間:05:00~18:00
所要時間:13時間
スケジュール:荒川登山口・出発⇒小杉谷⇒三代杉⇒ウィルソン株⇒大王杉⇒夫婦杉⇒縄文杉・付近にて昼食⇒下山

1-2.白谷雲水峡・太鼓岩トレッキング

白谷もののけの森江戸時代の伐採の歴史を残す楠川歩道から、「もののけの森」と呼ばれる屋久島でも屈指の苔むす森、そして頂上には山々や川の絶景が待っている太鼓岩を目指します。

朝早すぎるのは大変だなと思うお寝坊さんに朗報のコースです(笑)

※ツアーの主催会社によっては、小学生以上のお申込み受付となります。

開催時間:09:00~16:00
所要時間:7時間
スケジュール:白谷雲水峡入口・出発⇒さつき吊り橋⇒楠川歩道⇒くぐり杉⇒苔むす森(もののけの森)⇒辻峠⇒太鼓岩⇒下山

1-3.早朝白谷雲水峡・太鼓岩トレッキング

上記、白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングの早朝する半日コースです。お昼には終わる予定のコースなので、午後は観光に出掛けられる方にお薦めです。
今回、筆者がチャレンジしたコースです。下記の体験レポートも参照くださいませ!

※ツアーの主催会社によっては、小学生以上のお申込み受付となります。

開催時間:05:00または6:00~12:00
所要時間:6~7時間
スケジュール:白谷雲水峡入口・出発⇒さつき吊り橋⇒楠川歩道⇒くぐり杉⇒苔むす森(もののけの森)⇒辻峠⇒太鼓岩⇒下山

1-4.白谷雲水峡・苔むす森トレッキング

上記、白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングの苔むす森まで行く半日コースです。
紹介するコースの中では一番所要時間が短い為、トレッキング初心者やもう半日は観光へ行きたい方にお薦めです。午前半日・午後半日とそれぞれございます。

※ツアーの主催会社によっては、小学生以上のお申込み受付となります。

開催時間:8:00~12:00(午前半日)、14:00~18:00(午後半日)
所要時間:4時間
スケジュール:白谷雲水峡入口・出発⇒さつき吊り橋⇒楠川歩道⇒くぐり杉⇒苔むす森(もののけの森)⇒下山

1-5.縄文杉&白谷雲水峡トレッキング

上記コースのスポットを1日で行くコースです。
縄文杉・太鼓岩・白谷雲水峡を1日でトレッキングするので、体力に自信のある方はレッツチャレンジ!。屋久島のパワースポットである縄文杉、絶景スポットの太鼓岩、苔むす森や白谷雲水峡を満喫出来ます。

※ツアーの主催会社によっては催行人数が2名以上、小学校高学年以上のお申込み受付となります。

開催時間:04:30~18:00
所要時間:約13~14時間
スケジュール:荒川登山口⇒縄文杉⇒太鼓岩⇒苔むす森(もののけの森)⇒白谷雲水峡入口

個人で行かれずにガイドさんと一緒にトレッキングされる方は、主催会社によって料金は異なりますが、半日コースは1名様当たり1万円弱、1日コースは1名様当たり1万6千円前後します。

ただ、実際にトレッキングを初めて体験して実感したのですが、所々にある名所の説明を教えてくださるとよりトレッキングを楽しめるので、コースを事前に予約することをお薦めします!

※別途、入山料が発生します。荒川登山口からスタートするコースはバス代も発生したり、コースによって必要な料金が異なります為、事前に最新の料金をご確認ください。

屋久島旅行はこちら

2.トレッキングの準備

2-1.持ち物

★★★必ず用意するもの

トレッキングシューズ...水たまりやぬかるんだ土の上を歩くことがある為、滑りにくいトレッキングシューズを事前にレンタルすることをお薦めします!!

ソックス...厚手のソックスだと足を保護してくれます。雨などで濡れた時の為に、予備のソックスもお忘れなく!

長ズボン(女性なら山用スカート&レギンスでも可)...肌の露出による怪我、日焼け、虫刺されなどのリスクを軽減出来ます。寒さ対策にも良いですよ!

重ね着が出来る長袖など...季節によってTシャツから、フリースやトレーナーといった必要なものが異なります。夏でも町と山は6℃も気温が違います。

レインウェア...晴れていても突然雨が降ることがある屋久島。上下が分かれていて、防水効果が高いものが便利!

ザック...お弁当、ペットボトル、重ね着する洋服などを入れる為、20~30Lのものを用意しましょう。外側の両側面にポケットがあると、ペットボトルと折り畳み傘をそれぞれしまうのに役立ちました!

ペットボトル...水分補給は大切です!半日トレッキングをした際は、500mlを2本持って行って足りました。

タオル...トレッキングの最中にかいた汗を拭いたり、雨が降った時に衣類などを拭く為に役立ちます。

お金...入山料(縄文杉トレッキングはバス代も)を登山口でお支払いください。

★★あれば便利なもの

...1ヶ月に35日雨が降ると言われる屋久島。ポール代わりにしたい方には大きな傘、荷物をコンパクトにまとめたい方には折り畳み傘がお薦めです!

軍手...不安定な道を登る際に、岩に手をついたりロープを掴むのであると便利です!

行動食...小腹が空いた時やエネルギーを補給する為に、チョコレートや飴などあると便利です。

携帯トイレ...常設のトイレもありますが設置個所が少ない為、あると安心。

ティッシュペーパーまたはトイレットペーパー...携帯トイレとセットで持参しましょう。

ヘッドライト...早朝の出発時はあると便利です。

カイロ...冬は寒いとガイドさんがおっしゃっていたので、防寒の為にあると便利です。

帽子...日射対策だけでなく、頭を守る為にあると便利です。

日焼け止め...突然晴れることがある為、日焼け対策にあると便利です。

2-2.服装

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

今回、筆者がトレッキングをした時の格好を記させて頂きます。7月初旬の梅雨、気温は23℃前後でした。レインウェア上下は、下の写真のものを着用しました!

着ている時の写真ではなくてごめんなさい!筆者のみすぼらしい姿をお見せして、読者に不快感を与えない為の配慮だと察してください...。

トレッキングの最中は、標高が高い所を目指して進むのでスタートよりも徐々に気温が寒くなったり、体を動かしているので体温が暑くなったりします。
なおかつ、屋久島は晴れていても突然雨が降ることがあるので、上下が分かれているレインウェアが本当に役立ちました!

パーカーの下には半袖のTシャツと長袖のインナーも着ましたが、写真のパーカーは雨が降ってもインナーが濡れることはなく防げて、体温が暑くなるにつれてトレッキングの最中はパーカーを脱ぐことが出来るので便利でした。

レインウェアの長ズボンは正直暑いかな?と思っていたのですが、個人的に筆者は冷え性の為、長ズボンのみでちょうど良かったです。ただ、特に身だしなみを気にしている女性は写真に写ることを考えると、山用スカート&レギンスがお洒落かなと思いました。あとは、持ち物の欄で記したトレッキングシューズとソックス、ザックを身に着けました。補足ですが、トレッキングをしている時の写真に自分が写ろうと考えている女性は、お化粧に気をつけてください。

何度も記している通り、特に屋久島のトレッキング時は雨が降ることが良くあります。雨や汗でお化粧が崩れてしまうといったことがないように、どうしてもお化粧をされたい方はウォータープルーフのものを使ってください!筆者は普段通りのお化粧をした結果、アイラインが半分以上落ちてしまいました...(泣)。

あと、トレッキング後にお出掛けを考えている特に女性の方は、一部ホテルで日帰り温泉(有料)の施設がありますが、時間やお金をかけたくない方はメイク落とし、体を拭く用のボディシートを旅行用の鞄に忍ばせましょう。

屋久島旅行はこちら

3.いざトレッキング!体験レポート

今回は、早朝白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングにチャレンジしました!筆者は運動不足でかつ鈍臭いので、ガイドさんと職場の仲間たちと一緒に参加したので心強かったです。

白谷雲水峡入口から出発ですが、その前に腹ごしらえ!事前にお弁当屋さんで登山弁当を予約しておいたので、白谷雲水峡入口へ向かう前にお弁当屋さんで受け取って、入口すぐ近くにある東屋で朝ごはんを食べました。

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

おかずの種類が多くて朝から盛りだくさんですが、朝早くに起きてお腹が空いていたので、ペロッと平らげて完食!これからトレッキングに挑んで体力が消費するだろうと考えて、しっかり朝ごはんを食べました。

もう1つ、トレッキング前に済ませて頂きたいのがお手洗い。今回の早朝白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングでは道中に1か所トイレがあるのですが、自然保護の目的でトイレが何か所もあるわけではないので、入口近くに2カ所あるのでお手洗いは事前に済ませておきましょう。

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

今回のトレッキングのルートは下に記したものです。
白谷雲水峡入口・出発⇒さつき吊り橋⇒楠川歩道⇒くぐり杉⇒苔むす森(もののけの森)⇒辻峠⇒太鼓岩⇒下山

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

写真では緑の線の①⇒②⇒③⇒④⇒⑥⇒⑫⇒⑪⇒⑬⇒⑭⇒⑮⇒⑯の順番で進みます。
さて、前置きが長くなりましたが、小雨が降る中で足首を回すなど軽い準備運動をして(激しいものだと疲れてしまうとのこと)、入口で入山料を支払って(2019年7月時点で高校生以上は1人500円)、今回のゴールの太鼓岩を目指していざトレッキングをスタートです!

まずは、木で出来た階段を進んで行きます。ほとんどの階段は手すりがある為、バランス感覚に自信がない方も安心。ガイドさんから屋久島にたくさん生えている苔は、スマートフォンに取り付ける望遠レンズのような役割のクリップレンズを装着して撮影すると、苔が鮮明に美しく写真が撮れるといったお話を聞きながら、早速写真スポットに到着!

(上記撮影方法は是非試してみてください!スマートフォンにスローモーション機能がある方は、雨が降っている時に苔と雨の雫をスローモーションで撮影しても幻想的な写真になるそうです。)

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

「憩いの大岩」は巨大な岩でここをよじ登って進みますが、筆者は加えて高所恐怖症の為ちょっぴり怖かったです...。
ただ、運動音痴でもなんとか登り切りました。岩から頑張って下を見てみまして、お花が咲いていたり川の水が澄んでいて綺麗でした。

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

「白妙の滝」、「飛龍おとし」といった滝の雄大さだけでなく、木々の緑の美しさと周りの空気を美味しさに早くも感動。
自然独特の香りは癖がなく感じました。付近にあった「二代杉」は、トレッキングの道中に何本も見かけました。壮大な自然が生きる屋久島ならではの歴史を感じられます。

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

「さつき吊橋」を渡って、「楠川歩道」といった土や岩を踏みしめて、雨が降る中で傘を差しながら30分以上かけて小休憩を挟みながら歩いていくと、次の写真スポットである「くぐり杉」に到着!

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

ここの中をくぐって進むのは行きだけ!さぁ、くぐって次へ行きますよ~!

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

「七本杉」といったこれまた立派な杉を見かけてさらに歩いていくと、このコースの一番人気といっても過言ではない写真スポットである「苔むす森」へ到着!

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

屋久島が舞台の1つになり、筆者が大好きなあのアニメ映画の世界そのままの風景!映画のキャラクターがいそうな場所で、ガイドさんが秘かに森の精霊の小さなフィギュアを持ってきてくださり、写真を収めさせていただきましたが、著作権の関係もあって割愛させて頂きます。(笑)

苔むす森で写真を撮る他の方も、森の精霊のフィギュアを持参されて映画の世界観を再現しているようなので、トライしてみたい方はいかがでしょうか。コースの種類で紹介しました「白谷雲水峡・苔むす森トレッキング」といった一番短いものは、ここまでの往復になります。

さぁ、またここから上を目指して歩きます!「武家杉・公家杉」や「辻峠」まで進んだらもう少しあと少し...。

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

辻峠からラストスパートをかけて、今回のコースのゴールである「太鼓岩」に到着!景色はこんな感じです。

20代女子・運動不足でも出来る♪初心者がトライした屋久島トレッキング!

あれっ!?モヤモヤと靄がかかっているではないか!

そうです、今まで写真をご覧頂いて察してくださったかと思われますが、雨が時々降っていた為か、岩の向こうの山々や岩の下に広がる川が良く見られませんでした。(泣)

晴れた日は絶景だそうで、今度屋久島のトレッキングにチャレンジされる方は靄がかかっていない景色が拝めるようお祈りします。

ただ、ゴールまでたどり着いた爽快感は何物にも代えられません!太鼓岩は強風が吹き出した為、今まで登って来た道を下山します。
岩で出来た階段の高低差が激しいので、往路同様に手すりなどにしがみつきながら慎重に戻りました。時間は予定通りにトレッキングが出来ました。

4.おわりに

日頃から運動をしていないので不安でしたが、途中で何回か小休憩を挟みながら、トレッキングをすることが出来ました。
筆者がトレッキングをした前後の数日は、天候不順で催行中止になる日もありましたが、無事に催行出来て恵まれた体験となりました。
今回トレッキングをしたのは梅雨ですが、秋にはイチョウを見ることが出来て、冬は雪景色が見られたりと、四季折々の風景を楽しめます。

もちろん体調管理には気をつけて頂いて、トレッキング自体したことがない方もトレッキング経験者も、自然溢れる環境で日々新たな発見がある屋久島でトレッキングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

屋久島旅行はこちら

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP