×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

日本で最も多い「八幡さま」の総本宮・宇佐神宮、11月23日に新嘗祭

宮中においても行われる新嘗祭

大分県宇佐市の宇佐神宮は、11月23日、新嘗祭を執り行う。

新嘗祭は、一年の収穫を神々に感謝する祭であり、宮中においても行われることで知られる。宇佐神宮の新嘗祭では、多数の参列者のもと、神前に新穀が供えられる。

八幡さま

全国4万の「八幡さま」の総本宮

「八幡さま」として多くの人々に親しまれている八幡神は、祀る神社が日本において最も多いとされている。全国には約11万もの神社が存在するが、八幡神を祀る社は4万600社にもおよぶという。

宇佐神宮は、この4万社あまりある「八幡さま」の総本宮にあたる。祭神である八幡大神は、応神天皇の神霊。応神天皇は、大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりを行った天皇として知られる。応神天皇の神霊は、西暦571年に初めて宇佐の地に降臨。そして725年には、現在地に御殿が建造され、八幡神を祀るようになった。これが宇佐神宮の創建とされている。

新穀が供えられると共に、感謝の祝詞を奏上

八幡信仰は、仏教文化と日本固有の神道を習合した「神仏習合」の信仰とも考えられている。その信仰の歴史は極めて長いものであり、宇佐神宮にも神事・祭・建造物・宝物などにその面影は今も残っている。

11月23日の新嘗祭では、新穀が供えられると共に、感謝の祝詞が奏上される。

外部リンク

新嘗祭 - 宇佐神宮

http://www.usajinguu.com/festival-detail.html#detail07

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP