×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

合格祈願だけじゃない!福岡県太宰府天満宮の楽しみ方

正面

学業の神様でおなじみの「菅原道真公」をお祀りする
全国約12,000社の総本宮とされ、
受験シーズンには多くの学生が参拝に訪れます。
そんな大宰府には参拝以外にもたくさんの魅力があるんです。
そんなまだ知られていない太宰府に迫っていきたいと思います!

博多駅からバスで1時間もありません。
旅行の場合、宿泊は断然便利な博多市内がおすすめです!

▽福岡に宿泊するツアーはこちらから▽

1. 太宰府天満宮と菅原道真の関係

道真公は、承和12年(845)に京都で生まれ、幼少期のころから学問の才能を発揮し、
努力を重ね一流の学者・政治家・文人として活躍しました。
しかし、無実にも関わらず政略により京都から大宰府に流され
延喜3年(903)2月25日、道真公が住んでいた太宰府政庁の南館(現在の榎社)で亡くなりました。
道真が亡くなった後、京都で天皇家の親族が次々と死亡。
また、後醍醐天皇も道真死後3か月で亡くなりました。
これを道真の祟りと考えた朝廷は、905年に道真を弔う社として「太宰府天満宮」を御墓所の上に創建しました。
そして道真の無実が証明された今、「天神さま」と崇められるようになりました。

2.太宰府天満宮のとっておき情報

普段神社へお参りに行く際に、その場所について調べていますか?
知っていると自慢したくなるような情報を紹介します!

2-1 おみくじ

神社に行くと無性に引きたくなってしまうおみくじ。
太宰府天満宮のおみくじは季節によって色が違うんです! そのため、おみくじを結ぶ場所はカラフルでとっても華やか~。
また、私はラグビーワールドカップ開催中に行ったのですが
おみくじデザインが日本代表カラー!
イベントに合わせて特別バージョンのおみくじは 記念にもなりますね。
おみくじ

2-2 3つの橋

石造りの大鳥居を抜けて本殿に行くまでに「心字池」と呼ばれる池があります。
池が漢字の「心」の字に形造られていることから名づけられたこの池には、
太鼓橋・平橋・太鼓橋の順に3つの橋が一列続いています。
それぞれ過去・現在・未来を表しています。
太宰府

更にこの橋を渡るにはルールがあるんです!
・一つ目の太鼓橋:過去を表わすため振り返らない。
・二つ目の平橋:現在を表すため立ち止まらない。
・三つ目の太鼓橋:未来を表すため、つまずかない。
・反対から渡ってはいけない。(人生を逆行することはないですよね)
橋を渡って変えられる方がたくさんいらっしゃいますが、つられないように。
池の周りには四季を味わうことができる花や草木があるので、
池のほとりをゆっくり散歩しながら帰ることをおすすめします!

2-3 アート

菅原道真公は、実は文化の神様としても崇められていることをご存じでしたか?
和歌や歌舞伎、書画の奉納を通じてアートとの関係が深くなってきたと言われています。
また、天神さまを崇敬するにあたり、縁起絵巻や祈願のための絵馬などを、その時代を生きる作家たちが
渾身の作品を天神さまに奉納してきたようです。そんな貴重なアートを所蔵、展示している「宝物殿」には5万点ものお宝があり、
その一部が常設展示や特別展示で見ることができます。
国宝や重要文化財等貴重なものも含まれているので、参拝の際にぜひあわせて訪れてみてはいかがでしょうか。

また、今でも様々な分野で活躍しているアーティストが太宰府で取材後、特別に制作した作品を発表する「大宰府アートプログラム」を展開しており、境内のさまざまな場所を舞台に展示されています。
神社と現代アートのおしゃれな融合にもぜひ注目をしてみてください!

3.参道グルメも忘れずに!

福岡と言えばグルメ!ということで、
博多駅周辺や中州でグルメを楽しむ予定の方は多いと思いますが、太宰府も侮れません。
そんな大宰府のおすすめグルメを紹介します!

3-1 梅ヶ枝餅

太宰府と言えば梅ヶ枝餅が有名ですが、参道にはたくさんの梅ヶ枝餅の店が構えています。
どの店で食べようか迷ってしまいますね。
そんな中、私の一押しは「かさの家」です。
梅が枝餅

鳥居から参道の入り口のちょうど中間地点程で一際行列が目立ちますが回転が速く、
スムーズに自分の番が回ってきますのでご安心を!
外側はぱりっと香ばしく内側はもちもちの生地。
甘さ控えめのつぶあんがたっぷり入っている絶品食べ歩きグルメ。

毎月17日には古代米入りの梅ヶ枝餅、25日にはヨモギ入りの梅ヶ枝餅が販売されるようです。
限定梅ヶ枝餅は是非味わってみたいですね~。

焼きたてが一番ですが・・・。お持ち帰りも可能です!
ご家族のお土産にもぴったりの一品ですね♪

3-2 スターバックス

スタバ

参道にスターバックスがあるなんて素敵ですよね~。
みなさんも写真で見たことあるのではないでしょうか。
「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトで、建築家の隈研吾氏によってデザインされたものです。
また、全国に14店舗しかないスターバックスのコンセプトストアの一つです。

木組みという伝統的な方法で組まれており、約2,000本の杉を釘を使わずに組まれています。
また、店内はガラス張りになっておりガラスの向こう側は箱庭になっていて、太宰府天満宮の社紋に使われている梅の木が植えられています。
福岡限定のマグカップやスターバックスカードはお土産やプレゼントにも喜ばれそうですね。

4.おわりに

合格祈願として有名ですが、お参り以外にも様々な楽しみ方ができる太宰府天満宮。
歴史は興味がないからと疎遠になっている方でも、参道の食べ歩きグルメや現代アートの映えスポット。
楽しめること間違いなしです!
福岡観光のついでに少し足をのばして、歴史ある大宰府の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。
太宰府

▽福岡に宿泊するツアーはこちらから▽

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP