レトロ散策 門司港の人気観光スポット7選

門司港レトロを歩こう

門司港は福岡県北九州市の門司にある港で、門司を代表する観光スポットです。関門海峡を渡った下関との周遊ルートとしても、多くの観光客が訪れます。大正レトロ調の建物が並び、見所やグルメも盛りだくさん。九州の玄関、門司港レトロのおすすめ観光スポットを紹介します。

1.関門海峡ミュージアム

平成15年に完成した、海辺に建つ大きな船のような建物が関門海峡ミュージアム。またの名を海峡ドラマシップともいい、関門海峡の歴史や文化が学べる観光スポットです。お土産コーナーや大正時代の町並みなど見所も沢山あります。

住所:九州市門司区西海岸1丁目3-3

利用料金 : 大人500円、小・中学生200円、海峡こども広場:1歳以上100円

アクセス:JR門司港駅より徒歩8分

関門海峡&門司港レトロ

2.九州鉄道記念館

明治24年に旧九州鉄道本社として建てられた、赤煉瓦ビルを修復したのが九州鉄道記念館。本物の列車は中も見学でき、実際に使われた機械や切符、ヘッドマークなど貴重な資料も展示されています。

住所:北九州市門司区清滝2丁目3-29

利用料金:大人300円、4歳~中学生150円、4歳未満は無料ミニ列車は1台1回300円

アクセス:JR門司港駅より徒歩約3分

九州鉄道記念館

 門司港の人気観光スポット

3.旧大阪商船

八角形の尖った塔が目印の洋館。大阪商船の門司支店として大正6年に建てられ、現在はギャラリーとして利用されています。オリジナルのアート雑貨を見た後は、カフェで一息もおすすめ。

住所:北九州市門司区港町7-18

料金:無料(わたせせいぞうギャラリー 大人 100円、小中学生50円)

アクセス:JR門司港駅より徒歩約2分

関門海峡&門司港レトロ

4.旧門司三井倶楽部

三井物産の宿泊施設として建設され、社交倶楽部としても利用されたレトロな建物。重要文化財に指定されていて、来日したアインシュタイン博士が泊まった部屋が今も保存され、見学できます。1階にあるレストラン「三井倶楽部」ではふぐのフルコースやご当地グルメの焼きカレーも食べることができます。

住所:北九州市門司区港町7-1

利用料金:2階のみ有料(大人100円、小中学生50円)

アクセス:JR門司港駅より徒歩2分

関門海峡&門司港レトロ

5.旧門司税関

税関庁舎として明治45年に建てられ、平成6年に修復、復元されました。1階にはフルーツパーラー「Mooon de retro」、2階はギャラリーと展望室があり、門司港のシンボル、跳ね橋を見ることができます。

住所:北九州市門司区東港町1-24

料金:無料

アクセス:JR門司港駅より徒歩約8分

関門海峡&門司港レトロ

6.門司港赤煉瓦ガラス館

世界各国のガラスが並ぶギャラリーの他、オリジナルグラスを作ることのできる体験工房などもあります。海峡プラザはレストランやお土産も豊富なので、ぜひ立ち寄ってみては。

住所:北九州市門司区港町5-1 

アクセス:JR門司港駅より徒歩約2分

門司港レトロ 海峡プラザ

7.門司港レトロ展望室

高層マンションの31階にある展望室からは、門司港のパノラマが一望できます。おすすめはライトアップなども楽しめる夜景。また四季折々の風景も素晴らしいので、門司港に行くなら絶対に立ち寄りたいスポットです。

住所:北九州市門司区東港町1-32

料金 : 大人:300円、子供:150円

アクセス:JR門司港駅より徒歩約9分

MOJIKO RETORO INFORMETION

北九州旅行は門司港から

門司港の歴史を学びながら、地元グルメを楽しむのもおすすめ。バナナのたたき売りの発祥の地でもあり、イベントも多く開催されているので、ぜひチェックしてお出掛けくださいね。

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP