久留米伝統の迫力ある祭り「虫追い祭り」

人形同士の合戦が展開!

江戸時代から筑後地方で行われていた「虫追い祭り」が、11月26日(土)、久留米市田主丸町で開催される。

本来の虫追いは、文字通り稲の害虫を鉦や太鼓で、夜は松明で追い払うものだが、久留米の「虫追い祭り」は迫力ある喧嘩祭り。

竹とわらでつくった馬を30数名の若者たちが担ぎ、二体の武将人形が合戦を行う。武将は手塚太郎光盛(てづかのたろう みつもり)と斉藤別当実盛(さいとうべっとうさねもり)。

稲の切り株で転び、手塚太郎光盛に討ち取られた斉藤別当実盛が虫の霊となり、稲に害を与えるようになったことから、霊をなぐさめるためにはじまった祭り。

また「虫追い祭り」には、不作の際に年貢をまけてもらう意味もあるといわれている。

虫追い祭り

開催は3年に一度!

当日は朝8時30分より昼の部が、夜の部は18時30分より開始となる。

開催場所は田主丸町内各地とうきは市耳納の里。駐車場は久留米市田主丸総合支所駐車場を利用することができる。

戦後しばらく途絶えていた「虫追い祭り」が復活したのは昭和49(1974)年。以来、3年毎に開催されている。

3年に一度しか行われない迫力ある伝統の祭り、町中が祭り一色になる「虫追い祭り」を見に、足を運んでみてはいかがだろうか。

【日程】11月26日(土)

【時間・開催場所】(昼の部)・8:30~ 一麦寮(久留米市田主丸町) ・9:30~ 千歳療護園(久留米市田主丸町) ・10:15~ ひじり園(久留米市田主丸町) ・11:00~ JAにじ耳納の里(うきは市吉井町)  ・13:10~ 田主丸町内商店街、月読神社(久留米市田主丸町)・15:00~ 田主丸耳納の市会場(久留米市田主丸町福岡県緑化センターTEL0943-72-1193)

(夜の部)合戦・18:30~19:30 巨瀬川(田主丸中央バス停 南側中央橋上流)(ほとめきの街久留米より)

外部リンク

「虫追い祭り」

http://www.kurume-hotomeki.jp/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP