×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

【紅葉・冠岳】不老不死の伝説残る峰の絶景

古からの信仰の山・冠岳の絶景

鹿児島県の冠岳(かんむりだけ)がいよいよ紅葉シーズンを迎える。

冠岳

冠岳とは、鹿児島県西部に位置するいちき串木野市と薩摩川内市の境界にそびえる標高516mの西岳を最高峰とする3つの連山のことをいう。

今から約2200年前、中国の王朝秦の使者・徐福がこの地を訪れた際、あまりの美しさに自らの冠を解いたという逸話から山の名がついたとされる。

古来より薬草の宝庫として重宝された場所でもあり不老不死の霊薬の伝承も残っている。

それ以後も南九州の古代山岳仏教発祥の地として代々の為政者を含め多くの人々の信仰を集めてきた。

山麓には、数多くの奇岩や怪岩をはじめ様々な史跡も残されており、自然と人との歴史に想いを馳せつつ散策するにはうってつけの場所である。

紅葉の見頃は11月下旬からで、モミジやイチョウ、カエデやウルシなど多くの木々が一斉に色づき山一帯を覆う。

また、11月23日(祝)には秋の風物詩「かんむりだけ山市物産展」も開催され、毎年多くの人で賑わいを見せる。

住 所:鹿児島県いちき串木野市冠嶽
交 通:【電車】JR串木野駅から車で約25分
     【車】南九州自動車道串木野ICから約20分

(画像はイメージです)

外部リンク

鹿児島県観光連盟公式ウェブサイト

http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10886/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP