×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

【紅葉・千如寺】糸島の名所樹齢400年大楓

雷山の古刹で出会う晩秋の絶景

福岡県糸島市の雷山千如寺大悲王院(らいざんせんにょじ だいひおういん)が、まもなく紅葉シーズンを迎える。

【紅葉・千如寺】糸島の名所樹齢400年大楓

千如寺は福岡市の西部にある雷山中腹にある真言宗の寺院で、その歴史は古く西暦725年の聖武天皇の時代とされる。

最盛期の鎌倉時代には、元寇に備える祈祷寺院として幕府に期待され300の僧坊(僧侶の住む建物)があったと伝えられる。

本尊は木造の千手観音立像で、清賀上人座像と共に国の重要文化財に指定されている。

11月上旬から境内の樹齢400年以上といわれる大楓や約900年のイチョウをはじめ、室町時代に作られた庭園にある200本以上のモミジが揃って美しく色づいていく。

歴史を感じる伽藍の建物群や樹齢1000年を超す観音杉、遠くに見える背振山系の紅葉と共に晩秋の雷山はまさに絶景である。

場 所雷山千如寺大悲王院
住 所福岡県糸島市雷山626
時 間 9:00~16:30
交 通 【電車】JR筑前前原駅から雷山観音前行バスに乗り約30分、終点下車
    【車】福岡前原有料道路(西九州自動車道)前原ICから約15分



(画像はプレスリリースより)

外部リンク

千如寺大悲王院公式ウェブサイト

http://www.sennyoji.or.jp/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP