×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

歴史と自然の共存がダイナミック!島原の観光スポット7選

歴史が語る、町の魅力

長崎県の島原というと歴史ある町、日本史上でも切り離せない土地だ。古き良き時代の建造物や街並みはもちろん、南国独特のダイナミックな自然や温泉も体感できる人気のエリアだ。たくさんある観光スポットの中で、逃せない島原の7つの魅力を紹介する。

島原城

島原城

安土桃山時代の建城様式を取り入れた、荘厳で美しい日本の城の一つ。250年にわたる歴史を刻んできたものの、明治維新によって廃城・解体。しかし昭和35年から20年にわたる歳月をかけて復元され、現在に至っている。城内は資料館、記念館として多くの人が島原の足跡を辿りに来ている。

住所/長崎県島原市城内1丁目1183-1

アクセス/島原鉄道島原駅 徒歩5分

武家屋敷

武家屋敷

島原城の西側一帯は「鉄砲町」という古い住宅街が続いている。この名称は、鉄砲組と呼ばれた徒士の住居地帯であったこと、隣家との隔たりがなく、鉄砲の筒のように筒抜けだったことに由来しているようだ。

通りの中央には水が引かれ、当時は飲料水や料理に使用。現存されている武家屋敷は、延長406.8メートル、幅長5.6メートルで3軒が一般に無料開放。また、武家屋敷休憩所では白玉に独特の蜜をかけた郷土料理「寒ざらし」が楽しめる。

住所/長崎県島原市下の丁

アクセス/島原駅 徒歩約13分

ねはん像

「ねはん」は、釈迦が沙羅双樹の下で臨終の間際まで弟子たちに懇切な説法を続けている姿を模したものだ。昭和32年島原城を築いた松倉重政は、島原の乱で戦死した幕府軍の総帥・板倉重昌を追善するため像を建立。

足の裏には、大法輪の相(仏足石)が刻まれ、頭部には、信者による写経一万巻が納められおり、全長9メートルという大きさからも、島原では圧巻の存在だ。

住所/長崎県島原市中堀町江東寺

アクセス/島鉄本社前駅から徒歩約7分

湧水庭園「四明荘(しめいそう)」

島原市は古くから「水の都」としても有名で、環境省の全国名水百選に選定されている。

四明荘は、豊かな湧水を利用して造られた近代の住宅庭園であり、水屋敷として市民に親しまれている。その穏やかさと飾らないたたずまいは、訪れる人にひとときの安らぎを与えてくれるスポット。交通の便も良いので、ぜひ立ち寄りたい。

住所/長崎県島原市万町513-1

アクセス/島原鉄道島原駅より徒歩10分、アーケード内

雲仙岳災害記念館

雲仙岳災害記念館

歴史を語る上で忘れならないのが、雲仙普賢岳の噴火活動。島原の大自然と、その驚異に立ち向かった人々のパワーを余すところなく展示。火山体験など、テクノロジーを使った施設も充実だ。

住所/長崎県島原市平成町1-1

アクセス/島原駅から車で15分、島原港から車で10分

平成新山(島原まゆやまロード)

約200年ぶりに雲仙普賢岳が噴火したことで形成された溶岩ドームは、平成新山と命名された。溶岩ドームの高さは普賢岳山頂(1359m)より高くなり標高1483mとなっている。

そのドーム間近を走る「島原まゆやまロード」は全長8キロメートル。「平成新山展望園地」も設けられ、ダイナミックな山の存在感と自然の営みが体感できる場所だ。

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙 平成新山

アクセス/島原駅から車で15分

島原カトリック教会

過酷なキリシタン迫害と重税に苦しめられた農民が起こした島原の乱。島原半島一帯で殉教した何万というキリスト教信者を記念して建てられた教会だ。人間の尊さ、善良さの証しとして、今でも数多くの人が祈りを捧げに訪れる。

住所/長崎県島原市白土町1066-3

アクセス/島鉄本社前駅から徒歩約10分

島原温泉

島原の観光スポットとして欠かせないのが、島原温泉。無色透明で切り傷や火傷、慢性皮膚病など、肌トラブルに効果があることで知られている。飲用としても利用されており、慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病に効果。市内7箇所で飲泉所があり、誰でも気軽に飲用できる。旅のリラックスに、ぜひ楽しんでおきたい。

住所/長崎県島原市下川尻町7-5

アクセス/島原外港駅 徒歩5 分

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP