自然の香りを楽しむ企画展「国東半島宇佐地域世界農業遺産と香り」

「世界遺産の香り」を楽しめる!

香水を知り、見て、その香りを楽しむことができる「大分香りの博物館」で、10月1日(土)から来年1月31(火)まで、『平成28年度大分香りの博物館企画展「国東半島宇佐地域世界農業遺産と香り」』が開催されている。

国東半島宇佐地域世界農業遺産と香り

2013年、FAOより世界農業遺産に認定された国東半島宇佐地域。この企画展は、国東半島宇佐地域に関連した香りをテーマとしている。

国東半島宇佐地域の農産物や自然の香りから、生活している人々の関わり合いを解明。香りが持っているとされる、健康や癒やしの効果についても紹介されている。世界に認められた自然の香りを楽しむことができる企画展だ。

香りで世界中をめぐることができる博物館

大分香りの博物館、常設展示場には、世界各地から集められた膨大な香水コレクションが並べられている。色や形で分類されているため、さまざまな角度から香水に触れることができ、見ているだけでも楽しむことができる。

ほかにも香りの作り方、香料の紹介なども行っており、より深く香りを知ることができる。

また、大分香りの博物館には体験ゾーンもある。「調香体験工房」では、オリジナルの香りづくりを(受付にて予約要、1回2,200円)、「アロマルーム」では、リラックスした姿勢でさまざまな香りを楽しむことができる(1回500円)。

世界農業遺産である九州、国東半島宇佐地域の香りを楽しみながら、世界中のさまざまな香りを楽しんでみてはいかがだろうか。

外部リンク

大分香りの博物館

http://oita-kaori.jp/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP