開山1300年!六郷満山のライトアップ

国東半島の寺社仏閣がライトアップ

大分県の国東半島で「六郷満山開山1300年ライトアップイベント」が11月12日から12月3日まで(毎週末)各所で開催される。国東半島の代表的な寺社仏閣をライトアップするイベントで場所により日にちは異なる。期間中は神楽やゴスペル、護摩などの様々なイベントが予定されている。

開山1300年!六郷満山のライトアップ

イベントも合わせて開催

11月12・13日は霊仙寺・実相院・六所神社、翌週の11月18・19日は両子寺、熊野磨崖仏、11月25・26日は文殊仙寺、12月2・3日には富貴寺がライトアップされる。ライトアップ時間はそれぞれ17時半から21時までで、拝観料は日程により異なっている。

当日雨天の場合にはライトアップは中止となるが、神楽やゴスペルなどは実施する。会場が変更となる場合があるので確認が必要。

六郷満山とは

「六郷」は古代国東半島の来縄、田染、安岐、武蔵、国東、伊美という六つの場所を指し、「満山」は山岳仏教寺院の言葉で「寺院の集合」を意味している。

古来の山岳信仰に点代仏教や浄土思想などが溶け込み、僧たちの修行の場として多くの寺院が建立された。全盛期には一大寺院群となり、仏教文化(六郷満山文化)が花開いた。

1300年の長い歴史と文化を感じる、幻想的な夜を過ごしてみてはいかがだろうか。

外部リンク

六郷満山開山1300年ライトアップイベント

http://www.showanomachi.com/events/detail/46

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP