×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

夜にはライトアップされる紅葉庭園「三十路苑」

30年かけてできた紅葉庭園

長崎県雲仙市の三十路苑が紅葉の見頃となり、11月15日から12月上旬まで公開される予定。公開日前後の見学については問い合わせが必要。

三十路苑は「六兵衛茶屋」の経営者が、およそ8000坪の広大な自宅裏山にもみじを植えだしたのが始まり。30年たった今では立派な紅葉庭園となっている。

三十路苑

紅葉の下を散策しよう

昼間には緑と赤の織りなす美しい色彩が、夜にはライトアップされて暗闇に鮮やかな紅葉が浮かび上がり幻想的な世界が広がる。美しい秋の自然に囲まれて気分もリフレッシュできる。

長崎自動車道諫早ICから車で50分、バスなら「耳採」で下車して徒歩5分だ。秋のドライブを楽しもう。普賢岳山頂から三十路苑までの標高差が大きいため、長い間紅葉を楽しめるスポットだ。また普賢岳は国の天然記念物にも指定されている。

六兵衛茶屋って?

ちなみに「六兵衛茶屋」の店舗は雲仙市の千々石町にあり、三十路苑からは20~30分ほどの距離。麺類を中心に郷土料理を提供している。

店名にもなっている「ろくべえ」とは干したサツマイモを粉末にし、お湯を加えて練り上げたものを茹でた汁物料理。うどんやそばよりも、かなり短い麺が特徴的。島原大変肥後迷惑(1792年の災害)の折に考案された料理である。

外部リンク

ながさき旅ネット 三十路苑

http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51513/

六兵衛茶屋

http://www.shokokai.or.jp/42/4236610016/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP