×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

秋の風物詩「水郷延岡鮎やな」/宮崎

300年以上続く伝統的漁法「鮎やな」

宮崎県延岡市にて「水郷延岡鮎やな2016」が開催される。

水郷延岡鮎やな

秋の風物詩として開催されており、鮎処で鮎やなを眺め、延岡グルメを堪能することができる。店舗により営業期間が異なるので確認が必要。

「鮎やな」とは、竹で作った「落テ簀(おてす)」に誘い込む伝統的な漁法である。秋になると産卵の為に河口付近まで下り産卵する鮎の習性を利用することから、秋の風物詩と言われている。

延岡の「鮎やな」は、300年以上の伝統を誇り、川原で鮎を焼く風景は環境省が選定する「日本かおり風景百選」にも選ばれている。また、川幅が100メートルを超える箇所に架設される全国でも類を見ない壮大なスケールとなっている。

延岡では、鮎を江戸時代より地域の特産物として贈答品に用いており、800年前には、宇佐神宮にも奉納された記録が残っている。随筆家の佐藤垢石は「延岡の鮎は味、香り、姿まで日本一」とコメントし、絶賛した。

鮎処

次の3店舗が開店予定である。

『延岡水郷鮎やな「あゆ処 国技館」』は、やなの長さ日本一を誇る「延岡水郷鮎やな」を眼下に眺めながら、鮎料理や延岡グルメが堪能できる。やなの完成は10月下旬を予定している。

『天然鮎処「華月柳」(はなやぎ)』は、大瀬川を望む河畔にあり、水郷延岡ならではの風情を堪能できる。全室個室(8部屋、4~8人)で、囲炉裏を囲んで取れたての天然鮎とかっぽ酒が味わえる。

『川水流(かわずる)鮎やな場』は、北方延岡道路の北方ICから車で5分にあり、高千穂観光の行き帰りに気軽に立ち寄ることができる。団体割引や無料カラオケ貸切り利用サービスがある。やなの完成は10月を予定している。

外部リンク

延岡観光協会 公式サイト

http://nobekan.jp/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP