【紅葉・見ごろ】飯塚内野の大銀杏/福岡県飯塚市

大名にも愛された飯塚の大銀杏

福岡県飯塚市のシンボル「内野の大銀杏」が、まもなく鮮やか黄色に色づくシーズンを迎える。

飯塚内野の大銀杏/福岡県飯塚市

JR筑豊本線の筑豊内野駅から歩いておよそ15分の場所にその大木はそびえている。

樹齢は約400年、高さ34.1メートル、幹周り7.6メートルという巨大なもので、2004年2月に福岡県天然記念物に指定された。

江戸時代にこの地域は長崎街道沿いの宿場町として栄え、かつては雌の銀杏もあったことから「内野の夫婦銀杏」と呼ばれていた。

その時代から雄大な姿を見せており、飯塚の象徴として地元の人達に愛されてきた。

11月中旬以降に黄葉のピークを見せ、12月の初旬まで訪れる人々を心ゆくまで楽しませる。

名 称:内野の大チョウ(うちののおおいちょう)
樹 種:イチョウ
住 所:福岡県飯塚市内野3367
期 間:11/20(日)~12/4(日)
    期間は目安。天候等により前後する場合あり。
アクセス:[車]国道200号線内野郵便局近く
      [公共交通]JR筑豊本線「筑前内野駅」より徒歩約15分

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

福岡県飯塚観光協会公式ウェブサイト

http://www.kankou-iizuka.jp/homepage/?id=10059

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP