日田市天瀬町の伝統祭事「五馬くにち」

日田市天瀬五馬地区の伝統祭事「五馬くにち」

2016年10月15日(土)から27日(木)にかけて、五穀豊穣を願う祭り「五馬くにち」が開催される。「五馬くにち」は、日田市天瀬五馬地区にて百数十年間続いてきた伝統の祭事。

五馬くにち

大分県の無形民俗文化財「本城くにち」

「五馬くにち」は、四つの五馬地区で2日間ずつ行われる五穀豊穣を感謝する秋祭り。1日目に、神輿に神様を乗せて元宮から仮宮へとお運びしてお籠りを行い、2日目に元宮に帰る。お囃子に合わせて天狗やコモラシ、大黒、恵比寿、神輿などが、それぞれの地区を練り歩き、神社では杖楽が奉納される。

最初の「本城くにち」は大分県の無形民俗文化財に指定されており、「塚田くにち」、「出口くにち」、「五馬市くにち」と続く。きっかけは江戸時代後半に続発した干ばつとされており、形を変えながら約150年続く伝統の祭り。

日程と開催神社

祭りは日田市天瀬五馬地区一帯で行われる。日程は、本城くにちが10月15日と16日、塚田くにちは22日と23日、出口くにちは24日と25日、五馬市くにちは26日と27となっている。祭事が行われる神社は、それぞれ金凝神社、阿蘇神社、老松神社、玉来神社。

開催時間は13時から17時の間を予定しているが、地域によって異なる。問い合わせは、天瀬振興局産業建設係まで。電話0973-57-3147。

外部リンク

一般社団法人日田市観光協会 ウェブサイト

http://www.oidehita.com/24958.html

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP