戸畑祇園大山笠行事がユネスコ無形文化遺産登録へ

福岡県夏の3大祭りの1つ戸畑祇園大山笠行事文化遺産登録

2016年12月1日、福岡県における3大夏祭りの1つ戸畑祇園大山笠行事が、ユネスコ無形文化遺産に登録されたと北九州市が発表した。

なお登録決定日は、同年11月30日である。

戸畑祇園大山笠行事がユネスコ無形文化遺産登録

登録を祝して各イベントを開催

国はユネスコ評価機関から、2016年10月31日に当該文化遺産代表の一覧へ「山・鉾・屋台行事」のグループを、記載するよう勧告を受けていた。

こうした中、今回ユネスコの政府間委員会によって「山・鉾・屋台行事」の1つとして、戸畑祇園大山笠行事のユネスコ無形文化遺産への登録が決定されたのである。

そして、それに伴い北九州市ではユネスコ無形文化遺産登録を祝い、各種記念イベントを開かれておりその1つとして、同年12月18日に福岡県による事業が開催される。

そこでは当日、戸畑五段上げや博多祝い歌といった祭りの実演披露がなされる。また、戸畑祇園大山笠及び博多祇園山笠に関する展示もあわせて行われる予定だ。

加えて、この他にも2017年2月に開かれる北九州市マラソン2017でも戸畑祇園大山笠行事がお囃子の披露等によりPRされることとなっている。

戸畑祇園大山笠行事とは

戸畑祇園大山笠行事とは、福岡県内における3大夏祭りの1つであり、国の重要無形文化遺産に指定されている祭りだ。

6月の下旬から約1か月をかけて行われ、獅子舞やカズラ取りまた山笠組み立てやならしがき、そして神移しや大下り等が行われる。その上で、各行事にあわせ5種類の祇園囃子が舞われる。

外部リンク

「戸畑祇園大山笠行事」が含まれる「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産への登録について

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/k26501003.html

戸畑祇園大山笠行事

http://tobatagion.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP