×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

福岡市博物館、「第28回新収蔵品展 ふくおか歴史とくらし」開催

貴重な資料を初めて一般に公開

福岡市博物館は、11月19日から『第28回新収蔵品展 ふくおか歴史とくらし』を開催する。

同展覧会は、2013年に同館が収取した各分野にわたる貴重な資料を、初めて一般に公開されるというもの。

福岡市博物館

福岡の特色ある歴史を様々な形で発信

福岡市博物館は、平成1990年10月、同市の地域の歴史と民俗を研究・展示する博物館として開館した。

福岡は、弧を描く日本列島の西の端に位置し、ユーラシア大陸と朝鮮半島に近接している。そのためこの地に住む人々は、この国の誰もが知らなかった文化に古来より真っ先に触れ、経験したことのない生産手段や経済活動を発展させてきた。また、他の地域では遭遇したことがない脅威を克服し、豊かな都市を今日に至るまで営み続けている。

同博物館は、アジアとの人・もの・文化の交流が作ってきた福岡の特色ある歴史と、そこに生きる人々のくらしを、様々な形で発信している。

11月19日から12月25日まで

福岡市博物館は、市民から提供された貴重な資料も収集している。今回開催される『第28回新収蔵品展 ふくおか歴史とくらし』では、整理と調査を終えた考古・歴史・美術・民俗の各分野にわたる提供資料により、福岡の歴史と文化を紹介するという。

『第28回新収蔵品展 ふくおか歴史とくらし』は、11月19日から12月25日まで、福岡市博物館の特別展示室Aにて開催。

外部リンク

第28回新収蔵品展「ふくおかの歴史とくらし」 - 福岡市博物館

http://museum.city.fukuoka.jp/

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP