九州新幹線車内販売にて冬のさくらひらり弁当発売

九州新幹線全線開業5周年記念特別企画の弁当を冬ヴァージョンに

2016年12月13日、九州新幹線全線開業5周年記念の特別企画として販売されている、「さくらひらり弁当」を冬ヴァージョンとしてリニューアル販売すると、九州旅客鉄道株式会社が発表した。

なお、今回のリニューアルは秋に続いて第4弾となる。

九州新幹線車内販売にて冬のさくらひらり弁当発売

利用客の意見をより反映し

現在発売されているさくらひらり弁当は、九州の新幹線全線開業5周年を記念する特別企画として販売されているもので、利用客より好評を得ている。また、当該弁当は鹿児島県出雲市に店を構える松栄軒と、九州新幹線客室乗務員が手を組み作られているのだ。

そして今回、冬時期向けのリニューアルにあたり利用客の意見をより反映させるため、アンケートを実施しそれを基にメニューが考案された。

鹿児島の魅力をギュッと詰め込んだ弁当に

具体的な内容としては、まずメインディッシュとして「きびなごの天ぷら」や、此度初めて取り上げられた鹿児島県特産の「黒豚の角煮」が盛り込まれている。また、ご飯には博多地鶏が用いられただし汁によって炊かれた、「かしわめし」を用いているのだ。

加えて、デザートには「さつま芋のレモン煮」も楽しむことが出来る。

購入は、博多から鹿児島中央感における九州新幹線の車内販売営業列車でのみとなっている。価格は税込みで、1,000円だ。

外部リンク

九州新幹線全線開業5周年特別企画冬の「さくらひらり弁当」を発売します!

http://www.jrkyushu.co.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP