グルメ県民も納得!福岡に来たら行ってみたい、評判のお店7選

アジアをルーツに持つ食文化

グルメ県民も納得

グルメで知られる博多の街。古くから国際交流地点として栄えてきた港湾都市で、中国をはじめとするアジアの影響をうけた独特の食文化を持っています。「おいしいものが大好き!」という彼らが納得するお店を、7つ紹介します。

肉と野菜でバランス良く!「宗家赤門屋」

博多発祥の代表的な料理、「もつ鍋」といったらこのお店というくらい、地元客も観光客も多いのが「宗家赤門屋」。ここではお通しが10種類以上あり、選べるようになっています。

鮮度の良い国産牛もつを醤油ベースのスープは、コクがあるのにすっきり。1人前からでも注文でき、ボリュームもたっぷりあります。気軽に立ち寄れるのが魅力です。

住所は福岡市博多区竹丘町1-4-3。アクセスはJR鹿児島本線「南福岡」駅より徒歩5分/西鉄大牟田線「雑餉隈」駅より徒歩8分。

ジューシー感がたまらない!「かわ屋」

柔らかい鶏の首の部分を串に巻いて、なんと6日間で7~8回も焼き込むという、手間暇かけた名物の「とり皮」。これを目当てに押し寄せる客は後を絶たず、予約なしでは入れないというほどの人気店です。

表面はカリッと、中はモチッとした食感で、甘辛のタレが見事に調和。注文するときは、10本単位が当たり前だとか。選んで間違いなしの名店です。

住所は福岡市中央区白金1-15-7 ダイヤパレス 1F。アクセスは西鉄・地下鉄七隈線薬院駅より徒歩約5分。

地元のカレーは、「ころしのカレー」

アブないネーミングながら、福岡県民がカレーというとこの名前を思い浮かべるほど、地元に定着しているカレー店。じっくり煮込んだ昔ながらのカレーが味わえます。

ルーやトッピング、辛さ、量などすべて決めることができるので、それぞれが好みの味、食べ方を選べるのが魅力だ。人気のトッピングは「牛すじ煮込み」で、柔らかく煮込まれたお肉は定評があります。

住所は筑紫野市二日市中央4-12-5。アクセスは西鉄天神大牟田線西鉄二日市駅から徒歩5分/JR鹿児島本線二日市駅から徒歩8分。

インパクト大!「うどん和助」

低価格なのにボリュームたっぷりのうどん屋。ツルツル、シコシコの麺は、北九州市小倉のうどん好きのメンバー「豊前裏打会」によるもの。

人気は「ごぼ天うどん」で、渦巻きのような形をしたごぼ天が、丼からはみ出るほどの大きさでドンとのっています。もちろんサクサクの食感とボリュームは大満足。ランチタイムは店の外まで行列ができるほどの人気店です。

住所は福岡市城南区鳥飼5-2-54。アクセスは別府駅から367メートル。

中洲で一杯!「博多長浜屋台やまちゃん」

長浜の屋台から生まれて、本場とんこつラーメンとして親しまれてきた「やまちゃん」。地元客・観光客どちらからも親しまれている居酒屋風のラーメン屋です。コクがあって臭みがない、濃厚なスープは細麺とよく絡めんで食べ応えも抜群。

居酒屋風だけあって、黒毛和牛や牛タン、新鮮魚介などを使った料理も豊富にそろっていますよ。

住所は福岡市博多区中洲2-4-18 中栄ビル1F。アクセスは地下鉄中洲川端駅下車 キャナルシティ方面へ南行 徒歩8分。

本格派!「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン 天神本店」

なんと昭和21年創業。現在3代目が味を伝える、老舗のラーメン店。手間暇かけて丁寧に作られているとんこつスープはまさに長年愛されているだけのコクと味わい。

ごまをたっぷりかけた定番のラーメンや、ちゃんぽん、皿うどん、チャーハン、そして一品料理なども楽しめます。

住所は福岡市中央区大名2-6-4 プラスゲート天神1F。アクセスは福岡市地下鉄空港線天神駅 徒歩3分。

福岡でしか食べられないパスタ 「らるきい」

おいしいパスタとピザのお店、スポーツ選手や芸能人にもリピーターが多いのが「らるきい」。土日は長蛇の列ができるので、余裕を持って行きましょう。

こちらの人気メニューが「ぺぺたま」。ニンニクと唐辛子のきいたペペロンチーノに、ふわふわの卵を絡めたパスタは絶品。オリジナルのメニューと自家製のタバスコはこのお店でしか食べられません。家族連れも気軽に入れる、飾らない店舗が魅力です。

住所は福岡市中央区大手門3-7-9 ライオンズマンション大手門2-101。アクセスは地下鉄 大濠公園駅から徒歩5分。

まだまだ生まれる名物

グルメ県民も納得

海の幸・山の幸と食材にも恵まれ、様々な文化を受け入れる柔軟な気質を持つ福岡県民。伝統の味を守りながら、まだまだ新たな名物を生み出しています。そんな彼らの食文化、旅行の際にはしっかり味わっていきましょう。

(画像は写真ACより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP