×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

屋台の初心者も存分に満喫しよう!福岡屋台の楽しみ方

観光で福岡を訪れるなら、夜は屋台で楽しみましょう。人情味あふれるイメージのある屋台でさまざまなメニューを楽しみたい、と期待するグルメの方がいらっしゃる反面、屋台の利用が初めてで、マナーの面で心配、と感じる方も多いのではないでしょうか。屋台の初心者こそ理解しておきたい福岡屋台の楽しみ方をご紹介します。

福岡屋台の楽しみ方

画像引用元:写真AC

屋台のおすすめエリアは?

福岡屋台のおすすめエリアは、大きく分けると2つあります。1つは中洲の春吉橋付近、もう1つは西鉄や地下鉄の天神駅周辺です。

春吉橋とは、福岡市の中心部を東西に結ぶ「国体道路」のうち、中洲と天神の間を流れる那珂川に架かる橋のことです。春吉橋周辺には、「やまちゃん」や「もり」、「武ちゃん」など、人気の屋台が並びます。

また、春吉橋周辺は屋台が連なっていることも特徴的で、福岡ならではの光景が広がります。

また、九州一の繁華街である天神には、主に大丸前に屋台が連なっています。天神には、「あほたれーの」や「喜柳(きりゅう)」など、個性的な屋台が営業しています。

屋台には、どんなメニューがある?

ひとくちに「屋台」といっても、それぞれのお店によってメニューはさまざまです。

例えば、九州ならではの「とんこつラーメン」はさまざまな屋台で味わえるほか、福岡を代表するラーメンである「博多長浜ラーメン」は、中洲の「やまちゃん」で味わえます。また、焼き鳥や餃子など、屋台ならではのメニューも味わえます。餃子でおすすめの屋台は、中洲の「武ちゃん」です。

また、意外に感じられるメニューとしては、天ぷらやタコスがあります。天ぷらがおいしい屋台は、中洲の「もり」や、天神の「天一」があり、揚げたて熱々のおいしい天ぷらが味わえます。

タコスなどが味わえる屋台は、天神にある「あほたれーの」です。屋台といえば、ラーメンや焼き物などが多い中、洋風の味わいが楽しめる屋台もあるのです。

屋台といえば「コミュニケーション」

屋台ならではの楽しみといえば「コミュニケーション」です。

屋台は、店主との距離が近いこと、そして、限られたスペースで食事をすることから、お客さん同士の距離も近くなります。おいしいお酒やおいしい料理をいただくことで、話はさらに盛り上がり、時間を忘れることでしょう。

また、福岡の屋台には、芸能人など、有名人が訪れる場合があります。さりげない雰囲気で訪れると、有名人ということに気がつかないかもしれませんが、何気なく話しかけてみたらびっくり!ということがあるかもしれません。

屋台を利用するときのマナーについて

屋台は、一般的な飲食店とは異なり、スペースが限られています。そのため、お客さんが新たにやってきたら、詰めて座るなどして、お互いに気遣い合いながら利用しましょう。屋台といえば「コミュニケーション」ですが、お互いの気遣いもまた、コミュニケーションの一環です。

また、屋台が営業する場所は歩道上です。屋台でついつい酔っ払って大きな声を出してしまうと、近隣の屋台のお客さんに迷惑をかけてしまうだけではなく、近隣の住民にも迷惑をかけてしまうことになります。

夜のお酒や食事は、マナーを守りながら、楽しくいただきましょう。

屋台が残っている街は、全国的に見ても福岡に限られるようになりましたが、屋台が減少した理由の1つに、周囲からの苦情があるのです。屋台は、福岡の観光資源です。マナーを守りながら、福岡の屋台で楽しみたいものですね。

記事で紹介したお店について

やまちゃん住所:福岡市博多区中洲1丁目 春吉橋付近アクセス: 地下鉄中洲川端駅より徒歩約8分

もり住所:福岡市博多区中洲1丁目 春吉橋付近アクセス: 地下鉄中洲川端駅より徒歩約8分

武ちゃん住所:福岡市博多区中洲1丁目 清流公園アクセス: 地下鉄中洲川端駅より徒歩約10分

あほたれーの住所:福岡市中央区天神1丁目 大丸福岡天神店前アクセス:西鉄福岡(天神)駅より徒歩約2分

喜龍(きりゅう)住所:福岡市中央区天神1丁目 大丸福岡天神店前アクセス:西鉄福岡(天神)駅より徒歩2分

天一住所:福岡市中央区天神1丁目 三菱ダイヤモンドビル西側アクセス:西鉄福岡(天神)駅より徒歩5分

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP