×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

ちゃんぽんの次はこれ!皿うどんの名店3選

長崎の名物グルメ「皿うどん」

長崎といえば中華街。長崎の名物グルメといったら「ちゃんぽん」を思い浮かべる人が多いでしょう。ですが、もう1つ「皿うどん」も人気の麺料理です。

そこで、今回は長崎にある皿うどんの名店を5店紹介します。

1.江山楼 中華街本店

まずは、「江山楼 中華街本店」です。「江山楼」は長崎中華街で60年以上店舗を営んでいる老舗。ちゃんぽんの名店ですが、皿うどんも人気で「普通」「上」「特上」とランク分けされており、「特上」は細麺と太麺から選べます。

こしの強い麺に餡がよく絡んで、少しシナっとしたところがたまりません。素材を生かした絶品な味、ぜひ一度食べてみてください。

皿うどん

江山楼 中華街本店
長崎県長崎市新地町12-2
095-821-3735
アクセス:長崎バス新地ターミナルより徒歩2分
http://www.kouzanrou.com/

2.四海樓

次は「四海樓」です。創業は、何と明治32年!ちゃんぽんと皿うどん発祥のお店です。皿うどんのルーツは『炒肉絲麺(ちゃあにいしいめん)』で、ちゃんぽんを考案した四海樓の初代・陳平順氏がちゃんぽんのバリエーションとして創ったということです。炒肉絲麺はスープがなく、今でいうと焼きそばのようなもの。

「四海樓」の「皿うどん」はコンビニでコラボ商品が販売されています。こちらの皿うどんは、基本に忠実で、中華なべで長崎の食材を使用。イカ、エビ、蒲鉾、うちかき(小ガキ)、キクラゲ豚肉とキャベツなどの野菜を炒めて、スープと麺を入れてじっくり煮込んだオーソドックスなタイプです。

建物は5階建ての中華風建物。2階は『ちゃんぽんミュージアム』、5階は長崎港を望むことのできる展望レストランとなっています。長崎観光の王道の食事処として人気です。

皿うどん

四海樓
長崎県長崎市松が枝町4-5
095-822-1296
アクセス: 大浦天主堂下駅から徒歩2分
http://www.shikairou.com/

3.天天有

最後は「天天有」です。長崎・思案橋横丁にある「天天有」は街の気取らない、長崎の中華屋さんといったお店です。看板メニューのちゃんぽんと皿うどん。すべての料理に、鮮度の高い食材をたっぷりと使用しています。

このお店の「皿うどん」は細目の麺に熱々たっぷりの餡をかけた一品です。キャベツのほか、蒲鉾、イカ、豚肉、浅利、もやしが入った長崎ならではの甘めの餡は、本場の味を醸し出しています。同店は、ここ長崎で70年以上、庶民の味として親しまれています。

皿うどん

天天有
長崎県長崎市本石灰町2-14
095-821-1911
アクセス:思案橋電停より徒歩1分
http://www.tenten-yu.net/

長崎のソウルフード「皿うどん」をお試しあれ

皿うどんは、九州地方では人気が高く、九州の地方銀行系シンクタンク6社による郷土料理に関する調査において、「ちゃんぽん・皿うどん」は、「知っている」「食べた経験がある」「食べたい」の3部門で回答者の90%以上が肯定し、1位を獲得したといいます。

九州に観光旅行へ行くときは、長崎に立ち寄って長崎のソウルフードの1つ「皿うどん」を試してみてください。

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP