120キロに及ぶ海鮮丼の街道「日豊海岸ぶんご丼街道」

今年で9年目になる人気のイベント!

毎年恒例となっている、「日豊海岸ぶんご丼街道」が、9月3日(土)から開催されている。

大分県中部の佐賀関半島から、宮崎県の美々津海岸の日豊海岸は、魚介類が豊富に採れる漁場でもある。その120キロにも及ぶ海岸線に沿って、地域の丼を味わうことができるのが「日豊海岸ぶんご丼街道」だ。

日豊海岸ぶんご丼街道

各地で自慢の海鮮丼を食べられる

「日豊海岸ぶんご丼街道」に参加している店舗は、大分県臼杵市、津久見市、佐伯市の32店舗。新鮮な魚介類をつかい、各店が自慢の丼を提供する。

海鮮丼をはじめ、あんかけ丼、ぶりステーキ重、たちうおの蒲焼き丼など各地域の特色を出した丼の種類も豊富。さまざまな味を楽しむことができる。

スタンプを集めると特産品がもらえるチャンス!

「日豊海岸ぶんご丼街道」では、スタンプラリーも行われている。

加盟店と、加盟店またはパンフレット記載の観光施設、計2個のスタンプを集めて応募すると、3名に20,000円相当の特産品、27名に5,000円相当の特産品が当たるチャンスがある。

観光しながら楽しめる

城下町佐伯市、石仏で知られている臼杵市、イルカ島がある津久見市は、他にも見どころがたくさんある。

「日豊海岸ぶんご丼街道」は来年、平成29年1月9日(月)まで開催されているので、予定をたて、街道を辿ってみてはいかがだろうか。

【開催期間】平成28年9月3(土)~平成29年1月9日(月)
【問合せ】 日豊海岸ツーリズムパワーアップ協議会事務局
     ℡:0972-23-3400(佐伯市観光案内所)

外部リンク

日豊海岸ぶんご丼街道

http://www.visit-oita.jp/events/detail/8893

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP