宮地嶽神社の名物「松ヶ枝餅」焼き体験

福津のまちを散策しよう

12月3日(土)に福岡県福津市で宮地嶽神社の門前町通りを歩く散策イベントが開催される。福津のまちでちょっと特別な日常を味わえる「福津 暮らしの旅」シリーズ。

参加料は大人2000円、子どもは1000円で、定員は15名だ。雨天場合は12月4日に延期となる。

宮地嶽の名物「松ヶ枝餅」

宮地嶽神社第1駐車場に集合し、13時半からまずは門前町の散策だ。神社の門前町通りにはいつも甘く香ばしい香りが漂っている。その香りの正体は昔ながらの名物「松ヶ枝餅」である。

松ヶ枝餅は餡子を餅で包み、型で焼き上げたお菓子だ。焼き上がると宮地嶽神社の三階松の焼き印が表面に現れる。白餅と、生地にヨモギを練り込んだよもぎ餅がある。焦げ目のついた外はぱりぱり、中は柔らかで食感も楽しめる。

散策の後にはこの松ヶ枝餅を実際に焼く体験ができる。焼きたての松ヶ枝餅を堪能しよう。旅の最後には宮地嶽神社へ参拝して16時半頃解散となる。福津の昔ながらの文化と歴史に触れる午後を過ごすことができる旅だ。

門前町通りには松ヶ枝餅のお店が9軒あるが、どの店にもそれぞれ餡や生地などにこだわりがあり、違った味わいを持っている。お気に入りのお店を探してみてはいかがだろうか。

外部リンク

福津 暮らしの旅

http://kurashinotabi.jp/archives/3012

九州旅行・九州ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP