×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

今年一年の開運を祈願!「鷽替え神事・鬼すべ神事」

今年の吉に替えましょ!

新年明けて1月7日(土)、太宰府市太宰府天満宮で「鷽替え神事・鬼すべ神事」が行われる。

「鷽替え神事」は、「替えましょ、替えましょ」の声とともに木彫りの鷽を交換し、一年の幸福を記念する行事。知らず知らずについた嘘などもすべて、天神さまの誠心に替え、過去の悪行を嘘にして今年の吉に取り替えるという意味を持っている。

神事が行われた後に手にした木彫りの鷽は、自宅の神棚などに祀り、祈願する。

木彫りの鷽「木うそ」は、当日の夕方、初穂料1,000円で授与してもらうことができる。

鷽替え神事・鬼すべ神事

新年の火祭り「鬼すべ神事」

「鷽替え神事」と同じ日の夜、「鬼すべ神事」も行われる。

「鬼すべ神事」はその年の災難を除け、開運招福を願う祭りとして、寛和2(986)年、菅原道真公の曾孫である菅原輔正によって始められたといわれている。

太宰府天満宮の氏子達約300人が、鬼退治をする「燻手(すべて)」と鬼を守る「鬼警護」、「鬼係」に分かれて行われる勇壮な火まつりだ。

21時頃、鬼すべ堂前に積まれた松葉や藁にご神木の火がつけられると、「燻手」が鬼を追い出しにかかる。捕らえられた鬼は堂外で豆を投げられるなどして退治され、神事は終了。

神事で破られる堂の板壁は、「火除けのお守り」として持ち帰り、玄関先に祀る習わしとなっている。

外部リンク

太宰府天満宮 鷽替え神事・鬼すべ神事

http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP