×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

年末の大掃除!「九州鉄道記念館・展示実物車両すす払い」

展示実物車両に感謝をこめて!

北九州市門司区にある九州鉄道記念館では、12月26日(月)「展示実物車両すす払い」が行われる。

「展示実物車両すす払い」は小学生までの子どもが参加ができるイベント。車両を間近で見られるだけでなく、触れられるチャンスだ。

九州鉄道記念館

SLのすす払いをしよう!

すす払いをする車両は、大正11(1922)年に製造された蒸気機関車59634号。北九州地区を最後まで走ったSLでもあり、59634(ゴクロウサン)の愛称で親しまれていた。

当日は14時から1時間程度、SL59634の動輪を磨く作業となる。募集人員は20名(小さな子どもは保護者同伴)。必要なものは、入館料(大人:300円、小人150円_中学生以下)と汚れてもOKな服装。展示車両にはさび止めの油が塗ってあるため、長袖、長ズボン、スニーカーで参加しよう。

九州鉄道記念館は、近代化産業遺産、国の登録有形文化財に登録された本館や多くの車両が展示されている見どころたっぷりの施設。すす払いをかねて、記念館をぐるりとまわってはいかがだろうか。

(画像は九州鉄道記念館ホームページより)

【日時】12月26日(月)14時から
【場所】九州鉄道記念館
【アクセス】(電車)JR門司港駅より徒歩3分、(車)門司港ICより車で約5分
【問い合わせ・申込み】九州鉄道記念館 093-322-1006
(九州鉄道記念館ホームページより引用)

外部リンク

九州鉄道記念館・展示実物車両すす払い

http://www.k-rhm.jp/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP