佐賀県立博物館、新しく収蔵した資料を展示する「新収蔵品展」の開催

歴史・美術・工芸の新収蔵品41点を展示

2016年12月23日(金)~ 2017年2月5日(日)の期間、佐賀県立博物館・県立美術館では、2015年度~2016年度(10月末)に新しく収蔵した歴史・美術・工芸の41点を展示する「新収蔵品展」が開催される。

初公開の資料も多数あり、刀や絵画など様々な種類の作品や資料を見ることが出来る展覧会となっている。

佐賀県立博物館「新収蔵品展」

副島種臣や百武兼行の作品も展示

「新収蔵品展」では、明治政府の外務卿である副島種臣の書である「五言絶句」や佐賀大学の名誉教授であり、染色家である城秀男の「二つの構成」などの作品群、佐賀藩主鍋島家の御用刀工であった忠吉とその一門が制作した「肥前刀」などが展示されるという。

又、西洋で本格的に油彩を学び日本近代洋画の先駆者といわれている百武兼行の「田子の浦図」は、注目の高い作品となっている。

その他にも宋紫石の「柳にカワセミ図」や古賀精里の「川窪学舎記」、高取稚成の「松浦川垂綸図」など一見の価値がある作品や資料が展示されることになっている。

【開催期間】 2016年12月23日(金)~ 2017年2月5日(日)
【開館時間】 9:30~18:00
【会場】    佐賀市城内1-15-23 佐賀県立博物館(3号展示室)
【問い合わせ先】佐賀県立博物館・県立美術館 TEL:0952-24-3947
 (引用元は佐賀県立博物館・県立美術館ホームページより)

(画像は佐賀県立博物館・県立美術館ホームページより)

外部リンク

佐賀県立博物館・県立美術館 展覧会

http://saga-museum.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP