【城下町佐伯雛まつり】美しさは時代を超えて

明治のお雛さまが今に伝える「女の子の節句」

1月31日(火)から3月12日(日)まで、佐賀県佐伯市の国木田独歩記念館で、「城下町佐伯雛まつり」が開催される。

城下町佐伯雛まつり

期間中は、旧佐伯藩主毛利家13代当主より当時の佐伯高等女学校へ贈られ、後に佐伯市へ寄贈された「毛利家のお雛様」や市内各所に保存される明治から昭和までの雛人形が展示される。

また、地元出身の人形作家で、日本人形作家協会全国大会で銀賞を受賞した西山弘衣氏により制作された日本人形も同時に展示され、明治から現代にかけて佐伯に伝わる伝統美を堪能することができる。

期 間: 2017年1月31日(火)~3月12日(日)
時 間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)※休館日月曜日
場 所: 城下町佐伯国木田独歩館
住 所: 大分県佐伯市城下東町9番37号

(佐伯市観光協会公式ウェブサイトより)

文豪「国木田独歩」が若き日を過ごした佐伯

城下町佐伯国木田独歩記念館は、明治26年10月から翌年6月末まで後の文豪・国木田独歩が学校教師として過ごした坂本永年邸を修復したものである。

武家屋敷通りの面影が残る「歴史と文学のみち」に一角にあり、館内には独歩の生い立ちや作品と佐伯との深い関わりを示す展示品が公開されている。

(画像は佐伯市観光協会公式ウェブサイトより)

外部リンク

佐伯市観光協会公式ウェブサイト

http://saiki-kankou.com/news/2016/10/55

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP