『パンダタクシー』の寄付金で福岡市動物園西門がリニューアル!

創業10周年を記念して走り始めた『パンダタクシー』

福岡で格安タクシーを運営するBLUE ZOO有限会社は、自社が運行している初乗りが300円と'福岡一安い'タクシー『パンダタクシー』による熊本地震被災地の雇用創出支援事業を行っている。

パンダタクシー

2016年2月には同社が創業10周年を迎えるにあたり、福岡市動物園支援のための寄付型ラッピングタクシー「動物園応援タクシー/ジェットパンダ号」(1台)の運行を開始した。

今後も支援を継続

ジェットパンダ号はその売り上げの半分が福岡市動物園に寄付される仕組みのもので、当時行われた出発式には筑紫女学園大学短期大学附属幼稚園の園児89名が参加し、ジェットパンダ号は大変な盛り上がりを見せながらの門出となった。

そしてこの度、福岡市動物園の西門が寄付金により新しく生まれ変わり、お披露目セレモニーが開催されると同時に、当日西門から入場した先着200名にパンダマスコットのプレゼントが行われた。

BLUE ZOO代表取締役の青柳 竜門氏はコメントを発表し、「10年前に'社会のために役立ちたい'との思いで創業し、顧客への感謝の意味を込めて1年前に寄付型ラッピングタクシーを開始した。今後もジェットパンダ号の運行を通して福岡市動物園の支援を行っていければ」としている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

BLUE ZOO プレスリリース

http://pandataxi.com/info/699/

福岡市動物園

http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP