×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

大隅半島で楽しめる20の体験プログラム「大隅手帖」

9市町で20の体験プログラム

1月20日(金)から2月26日(日)にかけて、「大隅手帖~大隅半島で楽しめる20の体験プログラム~」が開催される。

大隅半島は鹿児島県の「じゃないほうの半島」と言われることもあるが、今も大切に歴史や文化、豊かな食が残されている。大隅半島の魅力を感じてもらうため、大隅地域にある9つの市町それぞれが、体験型のプログラムを用意し、地域ならではの味覚や温かいおもてなしを提供する。

大隅半島で楽しめる20の体験プログラム「大隅手帖」

「かるかん」作りやトレッキング

志布志市では「オリジナルラベル焼酎作りと焼酎の試飲体験」や「4種のイチゴ収穫体験&アロマワックスバー作り」が体験できる。「若潮酒造」の手づくり蔵の見学や飲み比べ、幻の白イチゴと呼ばれる淡雪を含めた4種類のイチゴ収穫などを楽しむことができる。

大崎町では鹿児島を代表する郷土菓子の「かるかん」作りを地元のお母さんに教えてもらえるほか、東串良町では「黒豚みそ」作りを黒豚の肉をカットするところから体験できる。

島津斉彬も訪れたと言われる扇落としの滝を巡るトレッキングを行うのは錦江町。大隅名物の「竹皮弁当」を食べた後に、「けせん団子」と田舎こんにゃくといった郷土料理を作るプログラムも開催する。

それらのほかにも合計20の体験プログラムが用意されており、各プログラムの詳細確認や申し込みはオスミツキ大隅半島のホームページから行うことができる。

問い合わせは大隅広域観光開発推進会議(TEL:0994-31-1176/8:30~17:00/土日祝を除く)まで。

(画像はオスミツキ大隅半島のホームページより)

外部リンク

オスミツキ大隅半島 体験プログラム

http://oosumi-kankou.com/ex_program/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP