長崎県大村市で「樹木医と歩く大村公園桜さるく」開催

樹木医の話を聞きながら桜見物

「おおむら花まつり」開催中の長崎県大村市「大村公園」で、「樹木医と歩く大村公園桜さるく」が開催される。開催日時は、2017(平成29)年4月9日(日)13時30分から15時。参加費は500円、定員は30名、申し込み締め切りは4月6日(木)だ。

樹木医と歩く大村公園桜さるく

開催概要

案内してくれる樹木医は、農林省認定樹木医の(株)タメナガ造園代表で史談会会員の為永一夫氏。当日は、大村公園観光案内書前に集合し、花の話や歴史を聞きながら公園内を散策する。

ソメイヨシノだけでなく、オオムラザクラ、クシマザクラといった天然記念物に指定されている桜が咲き乱れる桜の名所を、専門家の解説付きで堪能できるイベントになっている。

詳細は、大村市観光コンベンション協会公式ホームページを参照のこと。問い合わせは大村市観光コンベンション協会(電話 0957-52-3605)まで。

大村公園の桜

大村公園では、貴重な桜を見ることができる。

オオムラザクラは、花弁の数が多いことと、花が2段咲きになるのが特徴で、大村公園内、大村神社社殿前のものは「大村神社のオオムラザクラ」として国指定天然記念物に指定されている。

また、クシマザクラは、花のつくりが奇抜なのが特徴で、長崎県指定天然記念物に指定されている。

(画像は、大村市観光コンベンション協会公式ホームページより)

外部リンク

大村市観光コンベンション協会公式ホームページ

http://e-oomura.jp/2017/2017.4.9sakurasaruku/waku.html

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP