×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

松明を手に男衆が市内をめぐる!「風浪宮大祭」

三大祭りの一つ

2017年2月9日(木)から11日(土)までの3日間、福岡県大川市の勅命社風浪宮で、「風浪宮大祭」が開催される。筑後地方の三大祭りの一つとして知られ、通称「おふろうさん」と呼ばれ親しまれている。

風浪宮大祭

沢山の露店に催し物も

期間中は潮井まいりや御神幸、流鏑馬などの様々な神事が行われる。10日(金)の夜には、筑後地方の三大火祭りの一つである「裸ん行」が開催される。しめこみ姿の男衆を中心とした、松明を持つ人々が市内を走り抜けるのだ。

境内では名物の「山の幸物産フェア・串柿市」が開催される他、200から300軒ほどの露店が立ち並び、毎年15万人を超える人々で賑わう。また、迫力ある太鼓演奏や吟詠・仕舞などの神賑行事奉納も行われ大いに盛り上がる。

伝統的なお祭り

風浪宮は1800年の長い歴史を持っており、境内には弥生時代から残る貝塚や初代神主磯良丸塚がある。風浪宮大祭の御神幸は江戸期寛文年間には始まっていたとされている。

期間中は西鉄柳川駅と風浪宮を往復する無料バスが9時半から17時半まで運行している。臨時駐車場などもあるが混雑が見込まれるので公共交通機関の利用もおすすめだ。

(画像は風浪宮のHPより)

外部リンク

風浪宮 公式サイト

http://www.ofurousan.or.jp/

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP