「七窯土(ななかまど)展~匠の章~」で晴れの器はいかが

アクロス福岡で「七窯土展」を開催

アクロス福岡(福岡市中央区天神1丁目1番1号)2階の匠ギャラリーにて、2016年12月12日(月)~2016年12月18日(日)の期間、「七窯土展~匠の章~」が開催される。

入場は無料。利用時間は、10:00~18:00(初日は12:00から、最終日は16:00まで)。「七窯土展~匠の章~」では、陶器の展示販売が行われる。

小石原焼と高取焼の伝統的な柄やクリスマスカラーの器など、パーティーで料理が栄え、お酒が美味しくなる器が、クリスマスやお正月を迎えるこの時期に約600点の展示で勢揃いする。プレゼントにも最適だ。

七窯土展

(画像は「アクロス福岡|作品・展示」より)

「七窯土」とは?

主催の「七窯土」は、小石原焼で知られる小石原の6軒の窯元と1軒の料理店によって結成された。

山で鮮やかな紅葉をみせる樹木の「ナナカマド」。この木は燃えにくく7回竈(かまど)にくべても燃え残るほどと言われ、「七窯土」も「ナナカマド」のようにいつまでも残り続けたいとの思いを込めて名付けたとのこと。

七窯土の作る器には、ナナカマドの花言葉「私といれば安心」「賢明」「怠りない心」といった願いや思いも込められている。

その他

会場となる匠ギャラリーは、福岡県の国指定7品目と県指定33品目の伝統工芸品を常設で展示しているフロアである。

「七窯土展~匠の章~」では、ロクロを使った製作実演も行われる。

外部リンク

アクロス福岡|作品・展示

http://www.acros.or.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP