10回目『モジコウ蚤の市 門司港 古物・骨董市』が開催 北九州

魅惑的な'珍しい古いもの'

3月25日と26日の両日、福岡県北九州市門司区東港町1の「門司港レトロ中央広場」にて、珍しい古いものに出会える蚤の市『モジコウ蚤の市 門司港 古物・骨董市』が開催される。

モジコウ蚤の市 門司港 古物・骨董市

古い食器や家具には不思議と独特な風格や情緒が感じられるようになることはあると思うが、ものに宿る思いや歴史、物語を感じつつ、実際に触れる中で古き良きものを見つめ直して、それぞれに宿る光を感じとれる愉しみが、『モジコウ蚤の市 門司港 古物・骨董市』では提供される。

門司港レトロ観光サイト「門司港レトロインフォメーション」を運営するacud.(アキュッド)が主催するこのイベントは今回で第10回を数え、第11回の開催も4月22日(土)と23日(日)に既に決まっている。

骨董品の魅力とは

現代は骨董(アンティーク)ブームともいえる兆しを見せており、「敷居が高い」と思われがちであった骨董品店以外でも、このようなイベントの存在は、「古き良きもの」を再発見・再評価する貴重な機会を提供してくれることだろう。

大切に使われてきたアイテムは、時代をまたいで持ち主に受け継がれ、愛されてきた品々だ。

パッと見にはガラクタと区別が付かないような品物が、自分の人生でかけがえのない一品に化ける体験が、あなたにも訪れるかもしれない。

(画像はモジコウ蚤の市 門司港 古物・骨董市HPより)

外部リンク

モジコウ蚤の市 門司港 古物・骨董市

http://www.mojiko.info/kottou/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP