小林市で「まきばの桜まつり2017」開催

節目の年を迎える桜まつり

宮崎県小林市の桜の名所、「牧場(まきば)の桜」の桜まつりが今年も開催される。開催日時は、2017(平成29)年3月25日土曜日10時から20時、会場は、小林市細野の牧場(まきば)桜並木特設会場だ。

今年は、桜まつりが植栽100周年記念事業として復活してから10周年を迎える。

まきばの桜まつり

桜まつり概要

まきばの桜まつりでは、特設ステージでのイベントや、特産物が販売される屋台の出店、キッズコーナーなどが予定されている。暗くなってからは夜桜が楽しめる他、19時半頃からは、花火が打ち上げられるという。

まきばの桜について

まきばの桜は、明治42年に防風林として植樹された千本に上るソメイヨシノ。植樹したのは、軍馬補充部高原派出部の部長、二宮信騎兵大尉だ。

空を覆い尽くす桜のトンネルは、戦前は「軍馬の桜」と呼ばれて親しまれた。北九州から花見列車が運行され、盛大な桜をひと目見ようと身動きできないほどの観光客で賑わったといわれる。

時を経て、桜は老木となり、土壌の悪化に伴い病気にも見舞われるようになった。

レジャーも多様化して、軍馬の桜も影をひそめるようになったが、小林青年会議所の呼びかけで、ボランティア団体「小林さくらの会」が発足し、会の努力によって軍馬の桜は「まきばの桜」として復活した。

詳細は、小林市観光協会公式ホームページを参照のこと。問い合わせは、小林市観光協会(電話 0984-22-8684)まで。

(画像は、小林市観光協会公式ホームページより)

外部リンク

小林市観光協会公式ホームページ

http://kankou-kobayashi.jp/

まきばの桜(小林市観光協会公式ホームページ)

http://kankou-kobayashi.jp/publics/index/42/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP