元旦に博物館はじめ!「九博で初夢を」

2017年は博物館からスタート!

2017年1月1日(日)から開館する、福岡県太宰府の九州国立博物館では、元旦から正月イベント「九博で初夢を」が開催される。

「九博で初夢を」は初夢にちなんだイベント。三が日の間は、正月を楽しめるさまざまな催しが予定されている。

九博で初夢を

鷹をあやつる埴輪!

元旦からは初夢企画特別公開として、「鷹匠埴輪がやってくる!」の展示が開始。初夢の一富士、二鷹、三茄子にちなみ、鷹をあやつる人をかたどった埴輪が登場。たいめん珍しい埴輪なので、お見逃しなく。

また、九州国立博物館に来館した人々の笑顔でできた「2017人の笑顔で作る 富士山モザイクアート展示」も行われる。

さらに元旦限定として、4階文化交流展示室の観覧者に博多人形師の手による九博オリジナル「初夢おはじき」がプレゼントされる。

1月2日(月・祝)は、開運アトラクションとして「にぎわい座」が新春公演を行う。11時と13時30分、1階エントランスで、おめでたい獅子舞や曲芸などの演芸を見ることができる。

1月3日(火)は「古代人による古代米梅ヶ枝餅のふるまい」「甘酒の試飲販売」と女性鷹匠石橋美里氏による「幸運をつかもう!鷹匠フライトショー」が開催。間近で鷹のフライトを見ることができるチャンスだ。

(画像は九州国立博物館ホームページより)

【問い合わせ】九州国立博物館 050-5542-8600

(九州国立博物館ホームページより引用)

外部リンク

九州国立博物館

http://www.kyuhaku.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP