熊本市現代美術館で熊本ゆかりの作品を大公開

くまもとのお宝級アートが集合

2017年2月18日(土)から3月26日(日)まで、熊本県の熊本市現代美術館で、「CAMKコレクションvol.5 知っとるね?くまもとのお宝、大公開てばい!」が開催される。

開館時間は10時から20時まで(ただし展覧会入場は19時半まで)、火曜日が休館日である。

多数のアーティストの作品を展示

本展覧会はに熊本ゆかりの「くまもとのお宝」級の作品が集まる。日本画や油彩画、写真、映像など表現方法は様々だ。これまでの作品だけでなく、新規収蔵の生人形「花嫁生人形」、安本亀八(3代)「三歳女児利子像」なども初公開される。

2017年で開館15周年

2017年で熊本市現代美術館は開館15周年となる。熊本市現代美術館には、同館での展覧会開催をきっかけに制作された作品や、最新作として初公開された作品が数多く存在している。

関連イベントも開催

期間中にはアーティストトーク「写真とは何か?」や、特別講演会「生人形は近代彫刻に逆襲できたか?(仮)」、ギャラリートークなども開催される予定だ。

(画像は熊本市現代美術館のHPより)

外部リンク

熊本市現代美術館 CAMKコレクションvol.5 知っとるね?くまもとのお宝、大公開てばい!

http://www.camk.or.jp/event/exhibition/camkcollection05/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP