くまもと春の植木市開催

がんばろう!くまもと!がんばろう!植木市!

熊本市とくまもと植木市振興会は、四百四十数余年の歴史を誇る花と緑の大祭、「くまもと春の植木市」を開催する。

庭木や盆栽など約100万点が展示販売されるほか、生産者に直接話が聞けるため、育て方などのアドバイスを受けることも可能だ。

期間は、2017年1月21日(土)から2月27日(月)まで(ただし、2月19日は熊本城マラソンのため休み)。時間は9時30分から17時00分まで。場所は、城山公園の多目的広場(西区役所東側)。

くまもと春の植木市開催

同時開催のイベントも目白押し

期間中は、植木市の他に楽しいイベントが数多く開催される。

昔懐かしバナナの叩き売り、チャリティーオークション、みんな大好きふわふわ、ゆるキャラ大集合、熊本城おもてなし武将隊来場、中島太鼓の太鼓演舞などが予定されている。

なお、期間中、会場でアンケートに回答すると、1日先着30名に「花と緑の大祭」にちなんだ粗品が毎日プレゼントされる。

植木市の起源について

この植木市は、400年以上昔の天正年間(1573~92)に、時の隈本城主、城親賢が始めた市が起源だといわれている。病床の子息を慰めるために珍しい催しを命じ、城下で木の獅子頭や雉子(子供の玩具)を並べた市が開かれたと『肥後見聞雑記』に記されている。

(画像はくまもと春の植木市公式ホームページより)

外部リンク

くまもと春の植木市公式ホームページ

http://kuma-uekiichi.com/index.html

熊本観光国際観光コンベンション協会公式ホームページ

http://www.kumamoto-icb.or.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP