関門プロジェクションマッピング北九州市(門司港レトロ)と下関市(唐戸)を挟んで同時開催

海峡を挟んでのプロジェクトマッピングは日本初!

かんもんみらいプロジェクト事務局は、3月18日(土)と19日(日)に、関門海峡を挟んでプロジェクションマッピングのイベントを行うことを発表した。

「かんもんみらいプロジェクト」は地方創生事業として開催されており北九州市と下関市が共同で行っている。このプロジェクトのフィナーレとして関門海峡を挟んだ北九州市と下関市の両市から、同時にプロジェクトマッピングを投影し夜空に映し出す。

投影する場所は、北九州市側は、門司港の大正時代の雰囲気を出している「門司港レトロ地区」の「旧門司税関」ビルの壁面に投射する予定。下関側は漁業の街を表す「唐戸市場駐車場」の壁面への投射を予定。18:30から30分おきに6回、21:00まで投影する。

関門プロジェクションマッピング北九州市

歴史を顧みながら最新の技術を堪能

このプロジェクションマッピングは、関門海峡を通った歴史上の偉人達にちなんだストーリーを予定している。歴史をたどりながら「かんもんみらいエリア」をCGと光と音で奏でる演出は必見である。

プロジェクトマッピングの映像を手がけるのは株式会社ピクス。東京駅、東京スカイツリーや横浜ランドマークタワーなどの企画・制作経験を持つ。

「東京オリンピック2020」招致PRを作成した空気株式会社(地元)がストーリーと演出を担当。その他に東京ビッグサイトのプロジェクションマッピングを担当したディレクターの上原桂氏が参加する。

関門プロジェクションマッピング詳細

イベントの詳細は以下の通り。

◆実施日時:2017年3月18日(土)、19日(日)
・18:30~ ・19:00~ ・19:30~ ・20:00~ ・20:30~ ・21:00~
◆場 所:
下関市:唐戸市場駐車場(山口県下関市唐戸町5-50)
北九州市:旧門司税関(福岡県北九州市門司区東港町1-24)
◆参加費:観覧無料
(プレスリリースより)

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

かんもんみらいプロジェクト事務局 プレスリリース

https://prtimes.jp

「かんもんみらいプロジェクト」ホームページ

http://kanmonmirai.com/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP