×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

梅の咲く風景を自由に描こう「観梅スケッチ大会」

観梅スケッチ大会

2017年3月5日(日)の午前9時より、佐賀県武雄市の御船が丘梅林で、第60回観梅スケッチ大会が開催される。毎年恒例のこの大会は参加費が無料で誰でも参加できる。

観梅スケッチ大会

画用紙以外は持参する

当日は受付で画用紙を無料配布する。画材は自由なので絵の具や画板といった、絵を描くために必要な物は各自で準備する。御船が丘梅林の自分が気に入った場所で、それぞれスケッチを楽しむことができる。

画材の他にも、下に敷くレジャーシートや防寒対策も必要であれば各自で用意する。園児や低学年生が参加する場合は、保護者の同伴が必要だ。

入賞作品は翌日の3月6日(月)から3月18日(土)まで、武雄市文化会館のアートウォール(市民ホール前)に展示される。

当日は茶屋もオープン

御船が丘梅林は御船山の東山麓一帯で、およそ16万5000平方メートルの敷地がある。例年、2月中旬から3月上旬にかけて梅の花が見頃を迎えている。

毎年、見頃の時期には梅林茶屋もオープンし、「一目1万本」の梅を見に多くの人で賑わう。梅林茶屋は、2017年は2月11日(土)から3月中旬頃までオープンする予定だ。

(画像は武雄市観光協会のHPより)

外部リンク

御船が丘梅林 観梅スケッチ大会

http://www.takeo-kk.net/event/001507.php

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP