×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

縄文杉発見50周年記念イベントがスタート

1年をかけて様々なイベント

縄文杉発見50周年記念イベントが2017年1月1日(日)からスタートした。

縄文杉が発見されて広く世に知れ渡ってから50周年を迎えたことを受け、1年をかけて屋久島の内外で様々なイベントが開催される。

縄文杉発見50周年記念イベントがスタート

スタンプラリーやバリアフリーのプロジェクト

1月1日(日)には、午前0時15分から益救神社(やくじんじゃ)にて、オープニングイベントが行われ、初詣の参拝客500名に、焼酎とつきあげが無料でふるまわれた。

3月1日(水)から12月25日(月)には、屋久島の島内各所でスタンプラリーが開催される。スタンプを集めると、島の特産物や宿泊券、アウトドアウェアなどの景品がプレゼントされる。

5月27日(土)から5月28日(日)には「森の音楽会・音のワークショップ・キッズプログラム」が、12月2日(土)には、「屋久島ボルダリングフェス」が開催される。

縄文杉の登山道である荒川登山口から大株歩道入り口までのトロッコ軌道場には、小杉谷写真展として、森に関わってきた人々の記録となる写真が3月1日(水)から5月31日(木)にかけて展示される。

そのほか、100年後、1,000年後の未来に向けて世界遺産の森を広げるプロジェクトや、バリアフリー情報を充実させるプロジェクトも計画されている。

(画像は記念イベント特設サイトより)

外部リンク

縄文杉発見50周年記念イベント 特設サイト

http://j50.yakukan.jp/index.html

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP