×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

江戸時代から現在までの雛飾りを楽しめる「第17回いいづか雛のまつり」

飯塚市の商店街や施設で様々な展示や催しが開催

2017年2月4日(土)~3月28日(火)の期間、福岡県飯塚市で「第17回いいづか雛のまつり」が開催される。旧伊藤伝右衛門邸、麻生大浦荘、嘉穂劇場、千鳥屋本家などで江戸時代から現在までの雛飾りを楽しむことが出来るイベントになっている。

又、期間中は、飯塚市中心商店街や天道商店街、庄内ハーモニー、内野宿などでも様々な展示や催しが開催される。

いいづか雛のまつり

旧伊藤伝右衛門邸では、500体以上の座敷雛の展示

旧伊藤伝右衛門邸は、明治期に建てられた、炭鉱王である伊藤伝右衛門の邸宅で、妻であった歌人の柳原白蓮と約10年間を過ごした地である。

旧伊藤伝右衛門邸の本座敷では、毎年テーマを変えて500体から800体の座敷雛が飾られるという。2017年のテーマは「平安の夢」となっている。

又、柳原白蓮が明治天皇の姪という立場であることから、明治天皇御大典雛や皇室に縁のある皇女和宮雛などの展示の他、「花子と白蓮展」も同時に開催されることになっている。

【開催期間】  2017年2月4日(土)~3月28日(火)
【開催場所】  旧伊藤伝右衛門邸、麻生大浦荘、嘉穂劇場、千鳥屋本家、旧松喜醤油屋、飯塚市中心商店街、天道商店街、庄内ハーモニー、内野宿など
【問い合わせ先】 飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
(引用は、飯塚観光協会ホームページより)

(画像は、飯塚観光協会ホームページより)

外部リンク

飯塚観光協会 年間行事のご案内

http://www.kankou-iizuka.jp/homepage/?id=580

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP