熊本県立美術館で「細川家の大名道具と雛飾り」展示会の開催

近代細川家の雛飾りを展示

2017年2月11日(土・祝)~2017年3月26日(日)の期間、熊本県立美術館で「細川家の大名道具と雛飾り」展示会が開催される。

熊本県立美術館の細川コレクションでは、細川家の大名文化を総合的に紹介しているという。今回の展示会では、近代細川家の雛飾りや細川家伝来の大名道具、細川家の邸宅を彩った絵画などを展示するとしている。

細川家の大名道具と雛飾り

昨年熊本市内で発見された、伊藤若冲筆「墨菊図」を初公開

近代細川家の雛飾りは、細川家16代護立の息女である敏子の初節句に誂えられた雛人形や雛調度、護立の姉である猶姫の婚礼調度である九曜紋入の雛調度などを展示するという。

又、桃山時代に、西洋画の技法によって描かれた、重要文化財である「洋人奏楽図屏風」の展示や昨年熊本市内で発見された、伊藤若冲筆「墨菊図」の特別初公開も行われることになっている。

【会期】2017年2月11日(土)~2017年3月26日(日)
【会場】熊本県立美術館 細川コレクション展示室(別棟)
【休館日】毎週月曜日 ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館
【観覧料】一般210円(160円)、大学生130円(100円)  *( )内は20名以上の団体料金
(引用は、熊本県立美術館ホームページより)

(画像は、熊本県立美術館ホームページより)

外部リンク

熊本県立美術館 展覧会

http://www.museum.pref.kumamoto.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP