【如意輪寺 火渡り】新年の息災を願う。

炎の中、1年の無病息災・家内安全を祈る。

平成29年1月17日(火)福岡県小郡市の如意輪寺で、「柴灯護摩・火渡りの行」が行われる。

如意輪寺 火渡り

火渡りの行は、年の初めに1年間の無病息災と家内安全を祈願するための新春恒例の行事で、地元のみならず県外からも大勢の参拝客が訪れる。

その歴史は古く、仁和3年(887年)京都の金峯山で毒蛇を追い払う為に樹葉をいぶしたのが、その始まりと伝えられる。

当日は、如意輪寺境内広場の中央に、直径2m、高さ約3mに積み上がったヒノキの枝葉が燃やされ、その灰の上を僧に続き一般の参拝者も裸足で歩きその年の幸福を祈願する。

行の最中、僧達は炎の中に護摩木を投げ入れ、太鼓やホラ貝を鳴らしながら読経を続け、境内一帯が荘厳な雰囲気に包まれる。

また寺の入り口には、飲食や植木など出店が立ち並び、新春を祝うお祭りムード一色になる。

日 時:平成29年1月17日(火)
10:00~本堂にて初観音法要
13:00~火渡り(※雨天実施)
場 所 :如意輪寺(にょいりんじ)(福岡県小郡市横隈1729)
交 通:西鉄大牟田線「三沢駅」より徒歩15分

(画像は小郡市観光協会公式ウェブサイトより)

外部リンク

小郡市観光協会公式ウェブサイト

http://kanko.ogori.net/index.php?cID=196

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP