×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

雲仙市鍋島邸で緋寒桜の郷まつり開催

武家屋敷の緋寒桜を愛でる

長崎県雲仙市にある鍋島邸の緋寒桜が、2月の下旬には見頃を迎える。これにあわせて鍋島邸がある神代小路(こうじろくうじ)で「緋寒桜の郷まつり」が開催される。今年の開催期間は、2017(平成29)年2月19日(日)から3月5日(日)だ。

「緋寒桜の郷まつり」では、例年、各種イベントや特産品の販売が予定されている。昨年(2016年)は、お茶会、雲仙市国見町小中学校絵画展、わが店一番(特産品販売)、鎧武者歩き、囲碁大会、ステージ(コンサート)が開催された。

雲仙市鍋島邸で緋寒桜の郷まつり開催

江戸の昔にタイムスリップ

「緋寒桜の郷まつり」が開催される神代小路は、今もなお江戸期の地区割りのまま、水路、生け垣、石塀そして武家屋敷などが残されている。

古来、海上交通の要衝として神代氏が治めていたが、16世紀後半に神代氏が歴史の表舞台から去った後は、佐賀鍋島藩の神代領となった。2005(平成17)年7月に文化庁が重要伝統的建造物群保存地区に指定した。

鍋島邸は、神代小路の中心をなす建造物で、鍋島氏の陣屋跡に建てられた邸宅である。2007(平成19)年6月に国の重要文化財に指定された。「緋寒桜の郷まつり」の主役となる緋寒桜は大正時代に植えられたもので、主屋前にある。

開催日時 平成29年2月19日~3月5日
開催場所 〒859-1303雲仙市国見町神代丙103-1 (鍋島邸)
お問い合せ TEL:090-2514-7007
緋寒桜の郷まつり実行委員会

(島原半島観光連盟ホームページより)

(画像は島原半島観光連盟ホームページより)

外部リンク

島原半島観光連盟ホームページ

http://www.shimakanren.com/events/detail/1676

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP