【九州宝生会 初春能】定期公演のお知らせ

新春は日本の伝統芸能に浸る。

2017年1月15日(日)福岡市中央区の大濠公園能楽堂で「九州宝生会・初春能」が開催される。

九州宝生会 初春能

能楽は、千数百年以上もの昔、アジア西域からシルクロードを経て古代日本に渡来した散楽(さんがく)が起源とされる。

その後、奈良時代から平安、鎌倉、室町と長い時間をかけて土着の芸能と融合していく中で仮面劇や歌舞劇として洗練を遂げ、日本独自の伝統芸能となった。

初春能を主催する九州宝生会は、能楽の流儀のひとつである宝生流を継承している団体である。

テーマは、春~水の緑~

今回の公演では、能「桜川」(シテ:東川光夫)、能「春日龍神」(シテ:宝生和英)に加え、舞囃子「右近」、仕舞「八島」、仕舞「采女(きり)」、狂言「舟ふな」が上演予定。

その起源を15世紀に遡るとされる宝生流の華やかさ、奥深さが随所に感じられる見ごたえのある演目が続く。

一年の最初、日本の伝統芸能を心ゆくまで満喫できる絶好の機会である。

日 時:2017年1月15日(日)13:00~16:45 ※開場12:30
会 場:大濠公園能楽堂
住 所:福岡県福岡市中央区大濠公園1-5
交 通:地下鉄「大濠公園」駅または「唐人町」駅より徒歩7分
    西鉄バス「大濠公園」または「黒門」より徒歩3分

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

九州宝生会公式サイト

http://www.m-m21.com/kyusyu-housyokai.htm

九州旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP