太宰府天満宮「春の銘酒展」開催

3月3日から3日間開催!

2017年3月3日(金)~3月5日(日)、太宰府天満宮にて、「春の銘酒展」が開催される。

太宰府天満宮「春の銘酒展」

福岡の銘酒の試飲、即売会なども

古来よりお酒は、祭事の際に神様へのお供え物としてあつかわれてきた。また、祭事の後に人々はお供えしたお酒をいただき、神様のさらなるご神徳をいただいていたという。

福岡でも歴史に名高い太宰府天満宮では、毎年3月と11月の年2回、福岡県内の酒蔵から'天神さま'こと菅原道真公に、お酒が奉献される「銘酒展」が開催される。この「銘酒展」では、福岡県酒造組合による展示をはじめ、お酒の試飲や即売会も実施。今回は、3月開催の「春の銘酒展」となる。

境内の梅も見ごろ!

また、太宰府天満宮は、境内に約200種、約6,000本の白梅・紅梅がある日本有数の梅の名所として知られている。「春の銘酒展」が開催される3月初旬には、すでに見ごろを迎えており、梅を見ながらの福岡の銘酒を楽しむことが可能だ。

なお、「春の銘酒展」は、太宰府天満宮の絵馬堂にて開催される予定となっている。

アクセス&問い合わせ先

太宰府天満宮へのアクセスは、西鉄太宰府駅から徒歩5分。車の場合は、九州自動車道「太宰府I.C」から約6km(約15分)、「筑紫野I.C」から約5km(約20分)、福岡都市高速道路2号線「水城I.C」から6km (約15分)となっている。

問い合わせは、太宰府天満宮社務所(電話:092-922-8225)まで。

(画像は太宰府天満宮ホームページより)

外部リンク

太宰府天満宮「春の銘酒展」開催のお知らせ

http://www.dazaifutenmangu.or.jp/info/detail/502

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP