春の薩摩街道を歩こう「お花見ウォーク」

薩摩の桜を満喫

3月26日(日)日置市で、薩摩街道を歩く「お花見ウォーク」が開催される。

その昔、徳川家13代将軍、家定に嫁いだ篤姫も通ったといわれる薩摩街道。「お花見ウォーク」は、薩摩街道で花咲く桜並木を見ながらウォーキングするイベントだ。

お花見ウォーク

コースは2種類

ウォーキングコースは約14キロの基本コースと約18キロのロングコースの2種類。ロングコースは、イチゴの試食ができるチェスト館で折り返しとなる。

どちらのコースも8時30分から9時20分の間、日置市役所に集合し受付を済ませて出発。城山公園で桜をみながら昼食をとなる。ステージプログラムとして、お座敷芸の「住吉社中」や「天翔流五つ太鼓」が行われる。

「お花見ウォーク」では、史跡を巡るスタンプラリーも行われるほか、観光ガイドも随所に登場し、史跡の説明を受けることができる。

また、日置茶や日置市の特産品でおもてなしを受けたり、薩摩焼のペンダント型ソラキュウ(別途料金1,000円・数量限定)でお茶を楽しんだりすることも。

長時間の歩行が可能ならば、誰でも参加可能(中学生以下は保護者同伴)。参加料は、お弁当とお茶がついて1,000円となっている。

参加希望の場合は、電話・FAX・メールで3月3日(金)までに日置市観光協会に申し込みのこと。

問い合わせ・参加申し込み:日置市観光協会(電話:099-248-7380)(FAX:099-248-7383)(Mail:kikaku02@hiokishi-kankou.sakura.ne.jp )

(画像は日置市観光協会「お花見ウォーク」より)

外部リンク

日置市観光協会「お花見ウォーク」

http://hiokishi-kankou.com/cat_news/10513/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP