×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

故事に由来する伝統のまつり「灰振りまつり」

灰を振りかけてもらい無病息災を!

2017年2月11日(土)、佐賀県唐津市の湊疫神宮で灰振りまつりが開催される。

厄年の男性が参拝者に灰を振りかけ、無病息災を祈る灰振りまつり。

灰振りまつりは、神功皇后渡韓の際、玄界灘が大荒れのため渡航できずにいたところ、安全を祈願して立てた榊を灰にし、振って禊を行うと海が凪いだという故事に由来する。

以来、疫病厄除け、開運の守りとして信仰を集め、灰振りまつりには毎年多くの人々が訪れている。

灰振りまつり

土地や建物、身体や車も!

清めの灰(真木の灰)は敷地の四隅、玄関などに撒き、土地や建物を清めるほか、家族の身体や車などに振りかけ、清めるとよいとされている。

古来、疫病が流行した際、村人の祈願により病が治ったことから、厄を祓う神として「やくじんさん」と敬われている湊疫神宮。一年の無病息災を祈願しに、参拝してみてはいかがだろうか。

アクセスは、JR唐津駅より徒歩5分の唐津市大手口バスセンターからバスで20分、湊支所前バス停から徒歩で約10分。車では唐津市内より約30分、呼子からは車で約10分となる。

詳細は湊疫神宮のHPを参照のこと。

(画像は湊疫神宮ホームページより)

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP